2019年5月15日 (水)

E46 ファンベルト交換


スタディ名古屋ベイでファンベルトの交換をしてもらった。

スタディ名古屋ベイは、名古屋市港区のスーパーオートバッ

クス名古屋ベイの2Fにあって、スタディ専用のピットも

あるのですね。

01_5

02_5

03_4

もう随分まえにスタディで点検(有料)してもらった時

冷却水もれ修理が最優先という結果にもかかわらず、放置

し、その約1ヶ月後にラジエターがパンクし、レッカーで

Dに持込んで修理したのを思い出し、やっぱり最優先だっ

たのだなと反省したのだけど、優先順位が2番目だった、

ファンベルトの交換を思い出した。

3番目はフロントアーム、ロアコンブッシュ、スタビロッド

さらにリアコントロールアームブッシュで、その3番目を

一番最初に交換していたのですね。

3番目と同率で、エンジンマウントとミッションマウントも

あったけど、予算の関係でこれはやってない。

足回り関係はヘタリにヘタっても何とか動くのだけど水周り

が壊れるとこれは致命傷で走行不能となるから、やっぱりそ

っちが最優先だったのですね。

同じくファンベルトも切れると同じような事態になってしま

うわけで。

急激に心配になって、ファンベルトを見ると、やはりビビが

大きく、やはりこれは交換しておかないと安心して乗ってら

れないのですね。

GW前にお願いしていたのだけど、部品が入荷した連絡を受

け連休明けに早速行ってきた。

交換前のヒビ大のファンベルトと交換後のファンベルト。

04_4

05_2

ファンベルトの交換なので、交換後に走行フィーリングが良

くなったとか、そういう事は、なーんにも変わらないのは当

然なのだけど、安心感と言うか、安堵感?(笑)は激増した

のでありました。

06_2

07_1

これでファンベルト自体は20年くらいは持つだろうから、

確実に、私が死ぬまで大丈夫って事になります(笑)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

| | コメント (6)

2019年5月12日 (日)

映画「ザ・フォーリナー」みてきた。

GWに映画「ザ・フォーリナー/復讐者」を観て来た。

ジャッキー・チェンと、ピアース・ブロスナンの共演

という事で楽しみにしていた。

03_3

04_3

ジャッキーは、コメディタッチを想像させるし、ブロス

ナンはシリアス系で007を代表に、結構スパイ物系が

多いので、この共演はどんな物語なのだろうと。

舞台はロンドン。オー、懐かしー!って行ったことない

けど(笑)。

今回はいつものエアポートウォーク名古屋では上映予定に

なく、名駅(名古屋駅)のミッドランドスクエアシネマ2

に行かないといけなかった。

ここは初めてで、しかも電車を利用。車では駐車料金も

掛かるし電車の方がはるかに便利。

初めてで不安なので、朝イチの上映を狙い、開館前から

20分ほど並んだ。

しかも混雑を想定して自宅を出る直前にチケットはネット

で購入。

01_4

02_4

予想に反してチケット売り場も軽食・ドリンク販売カウン

ターも大した行列はなく、エアポートウォーク名古屋のよ

うに大行列で焦ってしまう事もなく余裕だった。

映画の内容としては、お笑いは一切なく、完全な大人向け

のサスペンス・アクション。

ジャッキー映画特有の最後のスタッフ・ロールでNGシー

ンが流れる事もなく、クソマジメなジャッキーの演技でし

た。

しかもジャッキー本人も65歳なのだけど、役柄もそのく

らい?で、かなり老けたメークで、更に笑顔が一つも無く

悲壮感に包まれ、元アメリカ特殊部隊という設定で、その

経験を生かして復讐者としてやり遂げて行くのですね。

ブロスナンが更にシリアス性を高めているし。

一応ジャッキーのカンフーっぽいアクションは見られた。

なので、違和感とまではいかないけど、これからのジャッキ

ーの映画は、アクション・コメディではなくなっていくのだ

ろうか? などと考えると、少しばかり「う~ん・・・」と

唸ってしまったのですね。

帰りに名駅で電車に乗る前に、八天堂のクリームパンを土産

に買った。

05_1

孫の由君以外は、食べた事があるのだけど、久し振りに食べ

たくて。結果、やっぱり美味かった。

06_1

07

電車も名古屋始発だし、快速で自宅の最寄り駅までわずか、

20分足らずで快適でした。

たまには電車もいいかなあと。でもやっぱり退屈(笑)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

| | コメント (4)

2019年5月 9日 (木)

GW 巨大イワナ捕獲大作戦

親戚のある中津川市加子母に行ってきた。

その親戚は山の中にあって私の叔父と叔母がいて、叔母

は母親の妹。だからもう80歳くらいなのだろうけど、

子供の頃から〇〇姉ちゃん、〇〇兄ちゃんと呼んでいた

から、いまだに〇〇姉ちゃんと〇〇兄ちゃんなのだ。

山水を利用した池があって、以前にも由君はイワナを取っ

て食べたのだけど、マス釣りをしたこともあって、今度は

久し振りにイワナを捕まえたいという事になったのですね。

002_1

何年か前は池には、イワシの大群のようにイワナが泳いで

いたのだけど、だいぶ少なくなっている。

鯉(コイ)と岩魚(イワナ)が共存していてイワナは40

センチに届くほどデカくなっている。

003_1

動物(キツネ?)に取られてしまうので、池には厳重に

ネットが貼られているので、ネットの柵の外からでは短い

タモでは中々捕まえにくく、しかもタモを入れると池の反対

側に逃げていってしまうため、オバアチャンに池の反対側に

行ってもらってイワナを追い払い、逃げてきたところを捕ま

える作戦に切り替えた。

004_1

それでも中々難しいので、ついに長靴を履いて池の中に入る

作戦に出た。

005_1

「オバアチャン、もっとこっちに魚が来るようにして!」

「これ以上近づいたら、池に落ちそうだから無理だって!」

と悪戦苦闘してしばらくして「摂れたー!」

006_1

見てみると、イワナじゃなくてコイでした。

逃がすかどうか迷ったのだけど、〇〇姉ちゃんにコイを摂っ

てもいいか許可を取って、そのまま捕獲。

007_1

そして今度こそとイワナを狙う由君でした。

「摂れたー! あー! オバアチャン! 来てー!」

「早く! オバアチャン! 蜂ー! あー!」

タモをオバアチャンに預けて、蜂に襲われた由君は逃げる

逃げる!

008_1

40センチ級のイワナでした。

大きいのでコイとイワナの2匹で作戦完了となりました。

009_2

010_1

帰りは母親の希望で和菓子屋さんでお饅頭とイチゴ大福を買

った。

011_1

イワナは腹を抜いて塩焼きに。

コイは丈夫ですね、クーラーボックスで翌日まで生き続け、

その後、鯉こくと煮つけになりました。

コイのだしがよく出ていて美味かった。

子供の頃に食べたっきりで懐かしかった。

012_1

013

014

E46は、18万キロを超えても元気に走ってくれました。

しかし、さすがに母親とかみさんと娘、それに子供とはいえ

5年生になる由君で定員5名の満席状態では後席のオトナは

窮屈そうだったのだけど、まあ年に数回あるか無いかの満席

だから我慢してもらいました。

001_1

私も頑張らなきゃいけないけど、E46にも頑張ってもらわ

ないといけないのですね。

私の腹部は、まだスッキリしなくて力が入らない感じ・・・。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年5月 6日 (月)

GW マス釣り

GW、家族でマス釣りに行ってきた。

八曽ますつり場。

02_3

到着する最後の2~300mは大丈夫か?と思うくらいの

無舗装道路。

03_2

マス釣り場のオバちゃん、由君の事を覚えていてくれて、

「あれー! 大きくなったねー!」って。

04_2

由君、5年生になりました。

隣で釣っていた学生さん達は苦戦していて、オバちゃんに

「糸、持ったらあかん!切れちゃうで、あの子のやり方を

見てみー」などと言われてたけど、由君は慣れた手つきで

餌を付け、あっと言う間にママの指定数量の7匹を釣って

くれました。

05

由君はライス大盛で食べておりました。

釣りたて、焼きたては、やっぱり美味かった。

06

体調、まだイマイチで体重もまだ戻らないけど出来るだけ

動くようにしてたGW。

01_3

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

| | コメント (8)

2019年4月28日 (日)

退院~E46 18万キロ

入院から8日後、退院。

入院初日から、CT、レントゲン、心電図、採血・・・と

検査の連続だった。

週が明けてからはついに絶食となり、造影剤でのCT、MR、

超音波内視鏡検査。

最後はERC検査とエコー。

最終的にERCの時に、まあ詳しくは書かないけど内臓の一部

に人工物を置いてきたらしい。

検査後は、ようやく食事が許されたのだけど最初は重湯から。

重湯、米粒が無いのですね。白いお湯。それと具無しみそ汁に

グレープジュース。

それでも有難い。

01_2

それが2食続いたあと、5分粥になる予定のところで、採血の

結果が、まだ高いのだけど少しづつ下がってきているとのこと

で、退院してもいいよ、という事になり、思わず万歳。

逃げるように加吸圧全開で荷物をまとめたのでありました。

02_2

息子に迎えに来てもらって帰宅。

さすがにまだ力が入らないけど、幸せ~!

ただ完治したわけではなく、採取した細胞?の結果が10日後

に出るので、それも心配は残るのだけど、3ヶ月後くらいに、

体内に置いてきた人工物を交換しないといけないのが気になる。

そしてそれは、3ヶ月から半年毎に続くのだそうだ。

しかしその都度交換するのは大変なので、手術してダメな部分

を人工物ではなく、切除&接続するのを勧められた。

まだその決断はしていない。

久し振りにE46に乗り込む。

洗車機に入れて、車内も掃除機をかけ、走らせてみた。

04_1

そして、走行距離は、18万キロになったのでした。

だけどなぁ、E46の方が長生きするみたいな気がする。

03_1

手術する決断は3ヶ月以内にはしないといけないのだろうけど、

怖いなぁ、手術って。

あんまり深く考えないで、走り続けるかな。

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

| | コメント (20)

2019年4月26日 (金)

寝覚の床~最期の晩餐?

入院前日、どいうかオシッコもついに真黄色になってきて

いたから直ぐにでも病院に行かなきゃいけないのだろうけ

ど、さすがに「これでお終いかも」って半ば諦め感もあり

どうにもふんぎりが付かなくてE46に乗り込み適当に出

掛けてしまった。

目的地はどこでもよかった。

適当な距離で国道19号を木曽方面に向けて走ると浦島太

郎の伝説にもある「寝覚の床」という所があるので、そこ

を目指した。

片道100キロと少し。

途中、雨も降ってきたりして少し寂し気でもあったのだけ

ど、やっぱりドライブは楽しい。

平日という事もあって駐車場もがら空き。

001

駐車場から徒歩で5分かそこららしいのだけど、上から展

望してみると、ただの渓谷というか岩があるだけのように

見えたので近くまで行くのはやめにした。

011

012

土産物のお店で甘酒を温めてもらいコンビニで買ったおにぎ

りで軽い昼食にして帰路のドライブ。

002

003

どうにもE46を走らせているだけで幸せな気分になれたし

明日からは長い入院生活になるだろうからそれを満喫する。

004

途中、娘から夕食は何を食べたい?ってメールが入る。

「鍋?すき焼き?ステーキ?」

それほど食欲があるわけじゃなく、食べられるなら何でもい

いと思ったのだけど、そいうふうに聞かれ、最後かなあ?と

考えると、どれもこれも食べたくなるのですね。

それで「すき焼き」を希望した。

すると「お刺身は?」って来たので、それもいいなあと。

「お刺身は何?大トロ?」とか聞いてくるので、聞かれると

それもいいなあ。で「大トロ、中トロ、鯛」を希望。

「オッケー!」って返事。

帰路の途中、E46オンボードの燃費は、ぐんぐん上がって

16キロ/?を超えた。

005

帰宅してみると最終的には15キロくらいだったけど、18

万キロまであと100キロ未満になっていた。

006

その夜、娘が奮発して上等なお肉を買ってきていてすき焼き

をみんなで食べた。

美味しかった。

007

だけどボクは、お刺身だけで十分だった。

大トロ、中トロ、鯛と希望したら本当にその通りで、3種類

同じ店で揃わなくて、娘はあちこちと走り回って揃えてくれ

たのだった。

008

009

いいお肉だったのに、あまり食べられなかった。

これで終わりかなと心の中でつぶやきながら、最期の晩餐?

翌日、着替えと生活用品、本を詰め込んで病院に行った。


荷物はリモアのスーツケースに詰め込んでいたので、一緒に

行った娘とかみさんは「旅行に行くみたいだね」って笑って

いた。

010

病院の入り口も何だか空港構内に入っていくような感じがし

ないでもなかったけど、ポケットにはパスポートの代わりに

紹介状を持っているボクは、かなり気が重かった。

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

| | コメント (4)

2019年4月16日 (火)

重ねた悪事もこれまでか。

血液検査結果、最悪。


正常値の10倍だって。


即入院勧告~紹介状強制発行。


そんなもん禁酒すりゃ・・・と思い取り敢えず拒否。


それで1週間後に再度血液検査する事に。


1週間禁酒で食事も自分なりに制限して臨んだ再検査。


そしてその結果・・・変わらず・・・。


自覚症状も何もないんで、散々説得されるも頑なに


拒否。


仕方なく更に1週間後に再々検査となり・・・。


検査当日が近づくにつれ、何となく自覚症状が・・・。


もう入院覚悟で臨んだ再々検査。


結果、アウト。


再々検査の前からだいぶ気持ちは諦めていたので、入院の


準備のため、何冊か購入してきた本。

01_1

 

マーダーズ [ 長浦 京 ]

 

61時間(上) (講談社文庫) [ リー・チャイルド ]

 

61時間(下) (講談社文庫) [ リー・チャイルド ]

 

パーソナル(上) (講談社文庫) [ リー・チャイルド ]

 

パーソナル(下) (講談社文庫) [ リー・チャイルド ]

 

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター (祥伝社文庫) [ 結城充考 ]

 

新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫) [ 矢沢 永吉 ]

 

「成りあがり」は39年前くらいにオンタイムで読んだ

はずだけど、中身忘れたし新装版が出てたので、つい。


他にも着替えやら院内での履物や洗面用具を準備。


10年くらい前の3ヶ月の入院生活を思い出し、これは


マジにヤバイし辛い生活になるのが予想されるのだ。


そして願うは生きて生還すること・・・。

02_1


しばらく乗れなくなると思うとツライなぁ・・・。


しばらくで済めばいいのだけど。

 

 

 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

| | コメント (10)

«リボルバー・リリー