« E46 白樺湖ツアー ベンツの鍵の行方 | トップページ | E46 ヘッドライト警告灯の症状 »

2015年9月 3日 (木)

E46 白樺湖ツアー 血まみれの美ヶ原 最終回

さあ、いよいよビーナスラインを駆け上って美ヶ原までの

ドライブを満喫するのだ!

だけれど、ベンツのカギが見付かった安堵感と前夜の飲酒

による脱力感と睡眠不足による眠気で、その意欲はかなり

落ちています。

どうやら、なごやかさんも幹事長さんも似たような症状が

出ているのかも知れません。

頭もボーっとしていてあまり考える気にならないので、誰

かに先導してもらって付いていくだけにしたかったのですが、

誰も先を走ろうとしません。

「オレ?」と合図で聞くと、そうだ、お前が前を走るのだよ、

ビーナスラインを走りたがってたのは、アンタだろ?

目がそう言っていたような・・・(笑)。

案の定交差点では道を間違えそうになり後方から手サインで

指示を受けたりします。

が、まあしかし、爽快なビーナスラインです。

009

ところどころでクルマを停めて、そこからの景色を眺めて

みたい気にもなるのですが、後続のお二方の気持ちはどうなの

かも気になり、そう頻繁に停めるのはやめて、定番所でまずは

一時休憩。(先頭は気を遣うのですよね)

010

この辺りはまだ標高、1、600mか、1,700mくらいで、

晴れてはいるのですが、遠くの景色を見渡すことは出来ません

でした。快晴なら富士山まで見えるはずなのですが。

だんだんお昼になる時間も迫っているし、帰りの道のりのこと

もあるので、ここからは美ヶ原までノンストップで行くことに

します。

011

012

標高が高くなるにつれ、だんだんガスに覆われてきて視界が

極端に悪くなってきます。

前を走るクルマに付いていればいいのですが、単独になると

次のカーブがどうなってるのか目先に見えるセンターライン

しかあてになりません。

ある程度はナビで検討が付いてはいるのですが。

013

014

しかも駆け上ろうにも、非力なクルマはエンジンが唸るだけで

ちっとも加速しません。

スーパースプリントマフラーも手伝って、ボゥォオオオー!と

音だけ頑張ってます。

非力な愛車E46が、ゴメンね力なくて、でもねこういう高原

を走る時は、早く高いところに登っちゃ体に悪いのよ!

あなたの体のためにも、ゆっくり昇った方がいいのよ!

もう私もアナタも歳なんだから、少しは考えないと!

そのかわり、下りは少しだけ早く走ってあげるから!

と、なんとまあ優しく語りかけてくれるのでありますね(笑)。

そーか、そーか、ますます好きになったぜ!

などと、マジに最近妄想が激しいのでありますね(笑)。

そうしてようやく美ヶ原美術館の駐車場に到着です。

ガスが無ければ見える建物もまったく見えないので、どこが

どうなっているのやら・・・。

015

黄色いフォグランプ、どう?って自慢げに幹事長さんに

尋ねたところ、「かわいいですね」って。

う~ん、かわいい、かぁ~。確かに、かわいいかも(笑)。

以前幹事長さんと来た時に駐車した、先端の駐車場は

黄色いクルマの団体さんの貸切?になってて入れませんでした。

016

建物すら、近くまで行かないと見えないくらいのガスです。

何だか腹が減ったと思ったらもうお昼の時間になってました。

信州そばを食おうと心に決めていたのですが、レストランの

メニュー看板で目に入ったのが、本日限定20食の、信州・

高原の~信州味噌コーンバターラーメン 950円。

017

限定ってのに弱いのですね。それにしても信州味噌というだけ

で950円もするのですか?みたいな(笑)。

まあここは、鍵をを無くした騒動の迷惑料として、なごやか

さんがご馳走してくれるのだろうと踏んだのは甘かったな(笑)。

色々昨夜の宴の準備をしてくれたり、自宅の冷蔵庫の賞味期限

切れのチャーシューやらハムやらを持って来てくれて、なおかつ

朝食の目玉焼きにソーセージ(珈琲付き)までご馳走になった

私には、とてもじゃありませんが、そんな提案?は出来なかった

のですが、心と体は相反するもので・・・?

食券を各自買う際に、迷惑かけたんだから、ラーメンくらい奢れよ!

という気持ちが私の右ひじを勝手に動かし、その肘はなごやかさんの

左胸辺りに直撃!

なにするんだ!とひるむなごやかさん。

だから、飯代全部払えって言ってんだよ!

何で!

言わなきゃわからないのか!

食券購入に並ぶ後ろのお客さんへの迷惑も顧みず、殴り合いが

始まってしまったのであります。

しかし、なごやかさんのアッパーカットは効いたぜ・・・。

そこへ一瞬の間を置いて幹事長さんが割って入り、やめて下さい!

しかし私の左手は幹事長さんを押しのけ、倒れ込む幹事長さん。

そこらにあった土産物が散乱・・・。

それでも幹事長さんは、「もうやめて、矢吹くん!自分が何を

してるのかわかってるの!」と叫び声が響く。

その一言に我に返るオレ「葉子・・・」

「いい加減にしないか、ジョー」と冷静な力石。

この美ヶ原で白く覆われた霧の中でも、オレはまだ真っ白に

なっちゃいないんだ・・・。

やっぱり、オレ、変です(笑)。

さて、ようやく食券の番号のアナウンスがあり、標高2000m

のテラスで、本日限定20食の信州味噌コーンバターラーメンを

3人仲良く頂きます。

018

うん、確かにそれなりに美味いのでありますね。

だけど少し気になったのは、どんどんこの本日限定20食ってのが

注文を受け付けているのだな。

注文する前にも食べ終わった後にも、この限定食は出ている・・・。

お昼時のど真ん中を過ぎても見る人、見る人、この限定食を注文

してる・・・。

果たして本当に限定20食なのだろうか・・・。

今、何食目ですか?って聞いてみるのも手だったな、なんて。

さあ腹も足りたし帰路に着きましょう。

しかし走り出した最初のうちは、やっぱり濃霧でほぼ徐行。

ようやくガスを抜け視界は確保出来てきたものの遠くの景色は

まったく見えない中を下り降ります。

019

020

途中、野生のシカが道端に居るのを目撃。

角が丸く巻いていて、体の色は全体的に黒っぽくて汚い感じで、

とても美味そうには見えませんでした(笑)。

途中、眠気で一休み。

021


幹事長さんに修理してもらったウィンドウを気持ちよく全開

にしております!

霧ヶ峰、霧の駅まで来ると辺りは快晴でした。

ここにあるガソリンスタンドで、ガソリンを補給しようとした

幹事長さんは、170円/Lの価格を見て諏訪湖まで見送ります。

022

023_2

ここで、とりあえず解散となりました。

帰路は諏訪湖から伊那、更に国道19号に入り中津川に入る

一般道路を予定していたのですが、時間も時間なので全員

諏訪から中央道に入ることになりました。

なごやかさんお疲れ様でしたー。

024

諏訪湖までは3台一緒でしたが、そこから諏訪インターまでの

国道20号は、毎度のことながら悲劇的な渋滞です。

途中バイパスに進路を変えたなごやかさんとはお別れ。

見失った幹事長さんと給油中のスタンドで合流し、中央道に

突入。ちなみにハイオクは、150円/L。

しかし、幹事長さんに付いて行くのは大変だったなぁ(笑)。

何がって、速いの。

025

026

事前にすぐに諏訪SAで休憩を伝えてあったので再度合流。

とにかく眠たかったんです、私。

さあここでお別れになります。

結局、もう一度、内津峠SAで合流しましたが。

いや、血みどろの殴り合い、クルマのカギ紛失事件・・・

色々あって楽しかった白樺湖ツアーも、おしまいです。

027

間違いなく、前回のツアーよりパワーアップはしていたので

ありますね。

皆様、お疲れ様でしたー!

楽しい夏の思い出になりました!

ありがとうございました。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

|

« E46 白樺湖ツアー ベンツの鍵の行方 | トップページ | E46 ヘッドライト警告灯の症状 »

BMW」カテゴリの記事

コメント

矢吹君
こんばんは

力石です。(文脈上この役回りでいいのかな?)

殴り合いもたまには良いもんですね。
ただお土産に倒れ込んだ葉子さんが気の毒です。

ビーナスライン先導ありがとうございました。
もう少し霧(雲?)が晴れて遠くが見渡すことが
できればちょこちょこ止まって
撮影会もしたかったですね。

でも楽しく密度の濃い2日間でした。
ありがとうございました。
是非 またやりましょう。
(場所はどこでもOKです。)

投稿: なごやか | 2015年9月 3日 (木) 22時47分

矢吹君
こんばんは

葉子です。(文脈上この役回りでいいのかな?、てっきり丹下段平役かと思っておりましたが・・・笑)

私は、ガスで視界が効かなくなったあたりから、かなりの眠気に襲われておりました、、、本当に先導お疲れ様でした

投稿: 幹事長 | 2015年9月 3日 (木) 23時07分

★★なごやかさん

コメントありがとうございます。

>矢吹君
>こんばんは

>力石です。(文脈上この役回りでいいのか>な?)

配役は誰でも良かったのですけどね(笑)。
花形満でも良かったかも!(笑)。

>殴り合いもたまには良いもんですね。

現実には有り得ませんし、そのように怒りを
抱くことも無くなってしまいました(笑)。

なので、まったくのフィクションの世界。

>できればちょこちょこ止まって
>撮影会もしたかったですね。

そうなんですよ。迷ったんですよ。
でもね、お二人はどうなんだろう?とか、
考えちゃうわけですよ。

失敗しても、自分だけなら苦にならないの
ですが、巻き添えにしてしまうと・・・。

>でも楽しく密度の濃い2日間でした。
>ありがとうございました。
>是非 またやりましょう。

本当に楽しかったです!
ハプニングはありましたが、それも旅の
思い出になります。

真冬ってのはどうでしょうね?
自分の車では行きたくありませんが(笑)。

投稿: るぱん | 2015年9月 4日 (金) 19時37分

★★幹事長さん

コメントありがとうございます。

>葉子です。(文脈上この役回りでいいのかな?、てっきり丹下段平
>役かと思っておりましたが・・・笑)

あー!、丹下段平の方が良かったかも!(笑)。

でも白木葉子も結構好きだったもので(笑)。

巨人の星だったら、伴宙太と言ったところ
でしょうか?(笑)。

まさか、ねぇちゃん!ってわけには(笑)。

>私は、ガスで視界が効かなくなったあたりから、かなりの眠気に襲
>われておりました、、、本当に先導お疲れ様でした

私は朝食後からずっとでした(笑)。

船頭、いや先導は気ぃ遣いますね。やっぱり。
誰も不満や文句を言う人達じゃないと
わかっていても、やはり気を遣います。


投稿: るぱん | 2015年9月 4日 (金) 19時46分

お疲れ様でした。
戦いの多いツアーでしたね(^^;
私が帰った後も、今回のシリーズは
描写も細かく(戦いの様子まで)
まるでソコにいたかのように楽しませてもらいました。
楽しい夏の思い出でしたね(^。^ノ

投稿: gou | 2015年9月 5日 (土) 20時46分

★★gouさん

コメントありがとうございます。

>戦いの多いツアーでしたね(^^;

戦いというか、妄想の多いツアー?(笑)。

>まるでソコにいたかのように楽しませてもらいました。

妄想シーンが入ると臨場感出ますよね?
楽しんで頂けたのなら嬉しいです!

とりあえず私の夏はこれで終わりです。


投稿: るぱん | 2015年9月 6日 (日) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101797/61452008

この記事へのトラックバック一覧です: E46 白樺湖ツアー 血まみれの美ヶ原 最終回:

« E46 白樺湖ツアー ベンツの鍵の行方 | トップページ | E46 ヘッドライト警告灯の症状 »