« はなび 濃厚担担麺を食べてみました。 | トップページ | 業界の陰謀? »

2016年2月 9日 (火)

E46 ボディ凍結 タイムスリップはお葬式

だいぶ久し振りに同じ年の従兄弟や多くの親戚の人達に会う機会が

ありました。

それはお葬式なのですね。

通夜の土曜、叔父の自宅で大勢集まってきます。そしてボソボソと

様々な話を延々と聞いたりしているのですが不思議なことに時間が

経つのが遅いのですね。あらまだこんな時刻。お昼頃に到着してから

随分時間が経って、そろそろ・・・、と時計を見るとあら?

まだ到着してから1時間も経ってない・・・。

もしかしたら田舎に住むと歳を取るのも遅くなって長生きできるの

じゃあないか?などと思ったりしたのですが口には出しません。

叔父は92歳で亡くなりました。父親は一昨年84歳で・・・。

叔父は父親の兄です。

その日のお通夜が終わり同じ年の従兄弟と懐かしい話で盛り上がり

ました。その従兄弟の父親のお通夜なのであまり盛り上がるっての

はもしかすると不謹慎なことなのかも知れませんが、お葬式とは

亡くなった人の最後の仕事で、普段会えなかったりする親戚の人達

を集めるのだと勝手に思うのだな。

お通夜の翌朝、都合により朝1番で出棺です。別の親戚の家に泊めて

もらって朝7時に斎場に出掛けようとすると・・・。

001

凍結です。それも全てのウインドウはもちろん、ボディの一部も。

それもガッチガチに。

002

003

フロントガラスは少々の暖気では溶けそうもなく、大きなウロコの

ような模様が出来てました。大きくなった結晶?

004

005


だけど隣の車の窓はまるで凍結していないのは何故?

すでに暖気が終わっているのでしょうか?

それとも寒さ慣れしてる?

だけど問題は自分のクルマです。

まるでタイムスリップした直後のデロリアンみたいになってます。

バックトゥーザフューチャー。

サイドミラーもリアウインドウもガッチガチなのです。

リアウインドウは熱線のスイッチをオンにしてしばらくしてから

ようやく。サイドミラーはキーオンで常時発熱していて面積も少ない

ので、あっと言う間に溶けましたが。

006

007

008

アイドリングで暖気していてもフロントウインドウの凍結はまったく

溶けてくる気配がなく、よくない事だけど無理やりワイパーを作動

させて何とか視界確保し出発。そうしないと出棺に間に合わないし。

ところがサイドウインドウの事を忘れてました。

サイドミラーはオッケーだけど、サイドウインドウを開けないと

左右の視界が確保できないのですね。交差点ではクソ寒いのに窓を

開けて左右確認。

010

ところで一体気温は何度なのだろうとオンボードを見ると、なんと

マイナス5.5℃でした。

だけど痛いくらいに冷たいドアノブや凍結したボディは、先ほども

書いたようにデロリアンでタイムスリップしたような感覚で結構

ワクワクしたりするのでした。

009

実際、ボクの母親と話をしているダミ声一歩手前のチョイ粋な

叔母さんは一体誰なのだろう? そうして遠い記憶を頭の中で

巡らせて思い切って「あのぉ、○○姉ちゃんですか?」。

小学校にあがる前によく遊んでもらった従兄弟のお姉ちゃん。

還暦過ぎたオバサンもボクには○○姉ちゃんなのですね(笑)。

まあボクもあと4年ほどで還暦なのだけど(笑)。

50年くらい前のことですから。途中知らないうちに出会って

いるようなのですが、お互いに誰だか気が付いていなかった

ようです。

そして△△姉ちゃんにも会えた。○○兄ちゃん(オッサン)達

にも。

またしても懐かしい話やらで花が咲いたのありますね。

その○○姉ちゃんは「やっと普通に会話できるようになったな!

ワッハッハ!」と(笑)。

帰りに同じ年の従兄弟に挨拶したのですが、そこにいる青年に

○○居るか?と尋ねたら「○○叔父さん、お客さんだよ」と

従兄弟の子供が言ってました。まるでボクの存在は赤の他人

になってる存在だったのですね(笑)。親戚で甥にあたる

青年なのに・・・。

だけど50年ほどタイムスリップした叔父のお葬式でした。

そうして約100キロほど離れた自宅に戻ると、すっかり現代

に帰ってきたのですね。遠い過去から・・・。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

|

« はなび 濃厚担担麺を食べてみました。 | トップページ | 業界の陰謀? »

BMW」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん凍ってしまいましたね。

雪国の人やスキーによく行く人なら、車にスノーブラシを常備してると思いますが、そうでないと、まず持ってませんよね。
お隣りの車の窓が凍ってなかったのは、撥水コーティングのスプレーでもしてあったのではないでしょうか。
状況が許されるなら、バケツに水を汲んできて車にぶっ掛けて暖気運転すると取れやすいと思います。

投稿: DIYに目覚めたオジサン | 2016年2月 9日 (火) 23時02分

確かにある意味デロリアンですね。(^m^;)
・・・よかったですね。会えて。(^^)

投稿: ゆうこ君 | 2016年2月 9日 (火) 23時48分

札幌ではドアも張り付いて開かなくなります。
冬はサイドブレーキも引くなと教えられます(ブレーキワイヤが凍ってブレーキが解除されなくなるため)。

そんなときは消毒用アルコール(台所のアルコール除菌とか)を
スプレーすると一発で溶けます。
アルコールはウィンドウウォッシャー液にも入っているので問題ないと思ってかけています。

投稿: ORION | 2016年2月10日 (水) 10時17分

京都の南部でも凍結します・・・私は、ジョウロに水入れてかけてます!はじめはペットボトルでやってたんですが、ペットボトルだと足りない・・・一瞬氷が解けて流れるけど落ちきる前に再び凍ってしまったり(笑)
朝は急いでるので、ジョウロは駐車場に置きっぱなしで、帰宅時に回収してます、、、これを忘れると如雨露の中身の残った水が凍って・・・(笑)

投稿: 幹事長 | 2016年2月10日 (水) 19時47分

ある程度の年齢が行った親戚の
葬儀は親戚が集まる良い機会にも
なっているように思います。
(不謹慎かな)
そういうことでもないと
なかなか親戚に会えなかったりします。

9日は
前夜の雨が凍り付いて
大変でしたね。
私も500ccペットボトル 2本にお湯を入れて
溶かしました。

路面も凍結していて
ノーマルタイヤのミニは
幹線道路から左折しようとしたところ
ツゥーと滑って曲がり角を通り過ぎてしまう
ところでした。
当日の朝はスリップ事故も多かったですね。

投稿: なごやか | 2016年2月10日 (水) 22時22分

るぱんさんのだけ凍っていたのは、きっと燃料にプルトニウムを使用してるからですよ(^m^
最近は撥水ワイパーなので使用してませんが
ガラコとか塗ってるときは、フロント凍りませんでしたよ!

ちょっと不謹慎ですが、私も冠婚葬祭で集まる親戚一同と話すのは、ちょっと楽しいです。
うちの親父もお袋も兄弟が多いので、従兄弟も多いです(^^;

投稿: gou | 2016年2月11日 (木) 01時37分

★★DIYに目覚めたオジサンさん

コメントありがとうございます。

>ずいぶん凍ってしまいましたね。

学生時代以来泊まり込みでスキーにもいかな
くなった今は、まるで寒冷地の準備などまる
でしていなくて・・・。

とにかく自分の体の寒さ対策と、夏用タイヤ
のために路面の凍結や雪だけ心配してましま
したので予想外でした。

投稿: るぱん | 2016年2月13日 (土) 19時35分

★★ゆうこ君さん

コメントありがとうございます。

>確かにある意味デロリアンですね。(^m^;)

わずかな時間で暖気してすぐに出発するつも
りだったのでマジにビックリしました。
瞬間的に、デロリアン状態!って(笑)。

>・・・よかったですね。会えて。(^^)

そうですね。しかも誰だかわかってよかった
です。
「ゆうじ、お前に会えて良かったよ」映画、
さらばあぶない刑事より。

投稿: るぱん | 2016年2月13日 (土) 19時40分

★★ORIONさん

コメントありがとうございます。

>札幌ではドアも張り付いて開かなくなります。
>冬はサイドブレーキも引くなと教えられます(ブレーキワイヤが凍って
>ブレーキが解除されなくなるため)。

ドアも開かなくなるんですか!
サイドブレーキを引かずに駐車しておくって
のは、スキーに行っていた学生時代には実行
してました。
あと現地に到着するだけのガソリンを入れて
到着したら現地のスタンドで給油するように
もしていました。
そういう事をまったく忘れてました(笑)。

投稿: るぱん | 2016年2月13日 (土) 19時46分

★★幹事長さん

コメントありがとうございます。

>京都の南部でも凍結します・・・

我が家ではまず凍結ってことはないので、
何の準備もしていなくて、すっかりこのよう
なことになる事は想定外で忘れてました。

何事も想定して準備しておいた方がいいのだ
なあとつくづく思いました。

投稿: るぱん | 2016年2月13日 (土) 19時51分

★★なごやかさん

コメントありがとうございます。

>?ある程度の年齢が行った親戚の
>葬儀は親戚が集まる良い機会にも
>なっているように思います。

私もそのように思います。
しかも、毎年のように親戚のお葬式があると
少しづつ誰が誰なのかわかるようになってき
たりして。
しかも、人はやがて死ぬものなのだからこれ
は避けようのないことなのだということを
つくづく認識させられたりします。

もちろんそれなりの年齢になってからの死の
ことですが。

ですが、ある程度の年齢でなくとも何かの
理由で早くにこの世を去る方もみえます。
それはそれで残る人達に意味を与えている
のではないかとも思ったりします。


投稿: るぱん | 2016年2月13日 (土) 20時00分

★★gouさん

コメントありがとうございます。

>ちょっと不謹慎ですが、私も冠婚葬祭で集まる親戚一同と話すの
>は、ちょっと楽しいです。
>うちの親父もお袋も兄弟が多いので、従兄弟も多いです(^^;

しかもどんどん増えていってるのですね。
従妹の子供とか。
それで昔のように彼らとの交流の場が少ない
ので「お役さん」とか「知らないオジサン」
とか、赤の他人になってしまってるのが少し
寂しい気がしました。

投稿: るぱん | 2016年2月13日 (土) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1101797/63872665

この記事へのトラックバック一覧です: E46 ボディ凍結 タイムスリップはお葬式:

« はなび 濃厚担担麺を食べてみました。 | トップページ | 業界の陰謀? »