« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月21日 (月)

満月と地震は関係しているのか

この日曜は先週釣りに行けなかった孫の有ちゃんとの約束で
またしても海釣りに行く予定だったのだけれど、息子が由ちゃ
んに何やら吹き込んだようで週の半ば頃に「おじいちゃん、
えーと、えーっと、今度の日曜の釣りだけど、満月とか外国
の地震とかで、えーっと、ツナミ?とか危ないかも知れない
から、やめてもいい?」と申し訳なさそうに日曜の海釣りの
キャンセルさせて欲しいのだけど宜しいでしょうか?という
趣旨の申し出をしてきた。
 
心の中では「こちらこそ、そのようにさせて頂きたいのだよ」
と思いながらも「そうかぁ、じゃあいいよ」と。
 
「じゃあ、おじいちゃん、また来年行こうね!」と了承を得ら
れたことに喜んでいるようでした。
 
それはそうと、勤め先の社長さんから赤ワインを頂きました。
正確には奥さんからなのだけど。とにかくボジョレー・ヌーボー
なのだ。
 
01_3
 
これは確かに美味しかったのですね。
 
グラスに注ぎ、少しづつおツマミの、それは何だかは忘れてしま
たのだけど、だんだんと味わいが深くなりフルーティーさが増し
ていったのでありました。
 
翌日職場で上司や同僚に、エラそうにそのワインの飲み方講座と
いうようなものを講義したのでした。
 
まずはグラスに注いでですね、赤ワインというのは空気に触れさ
せることによってですね・・・。
 
ですからグラスをくゆらしてですね・・・。
 
そうして一気飲みなどというのはもってのほかで、まずはほのか
な香りを楽しみながら、目を閉じ、フランスはブルゴーニュのボ
ジョレーのブドウ畑の夕日に照らされる土の匂いを思い浮かべる
のです・・・。
 
しかし彼らは、ボクの講義には大爆笑なのですね。
 
だけど一つ間違っていたのは、ボジョレー・ヌーボーの製造方法
は急速で発酵させ短期間でワインに仕上げるために、ブドウを
潰さずにそのまま発酵させるのだそうです。
 
なので、素足で踏み潰すという作業はどんなオンナが素足で踏み
潰しているのかという情景は思い浮かべなくてもいいのでした。
 
まったくノーマークだったのですがトム・クルーズの「ジャック
リーチャー・ネバーゴーバック」という映画が封切られたという事
をまったく知らなかったのだけれど、その情報をビッキーさんの
ブログで初めて知った。
 
これはぜひ観ておかなければ!という胸騒ぎに近いものを感じ、
早速土曜の夜のレイトショー(安いやつ)に駆け込んだ。
 
エアポートウォーク名古屋、ミッドランドシネマです。
 
ここのメンバースカードは今年初めに終了していて新たなルール
での再発行をしないと特典は得られなくなっているので、ボクの
場合レイトショーでも、通常一般が1,800円のところ、1,300円
になるのですね。
 
だけどチケット購入の際に入会したので、1,100円になった。
 
しかし発行手数料に200円かかったので、結局1,300円だった
のだけど、まあ色々特典があるからいいのだ。
 
とにかくいつもの席を確保し、ポップコーン(塩)とコーラ(ボクは
氷無し)のAセット500円を入場直前に購入するのがボクの映画を
観る際のルーティンになってしまっている。
 
そうして上映開始。
 
一応予告編などで多少予習はしていたので、ある程度のストーリー
やシーンなどは頭に入っているから、まるで初めて観るよりはある
程度余裕を持っていられるのですね。
 
だけど車のサイドウインドーをゲンコツでぶち破ると同時にドライバー
の意識を失わせる強打を見舞うシーン。
 
これも一応予習していたのだけど、やっぱり劇場の音響効果という
のはすごいのですね。耳元にビシっと響く。
 
思わず殴られたヤツの気持ち?ですが「イタ!」って声に出そうで
した。
 
しかも予習していたのでわかったのだけど、車のウインドウを素手で
ブチ割れるなんて、ターミネーターとかならまだしも、ちょっと、と
思ったのだけど、ブチ破るシーンの前にレストランでテーブルに置い
てある塩?の入った容器。あれは何と言うのだっけ。
 
ロケットのように先が尖った、ソルトキャスター?を人差し指と中指の
間に挟んでそれを利用してガラスをブチ破ったのですね。
 
02
 
なるほど、それならわかる。いかに軍人上がりのジャック・リーチャ
ーでもターミネーターのようにはいかない生身の人間だからそうい
う道具を使っているというのがリアルなのですね。
 
ジャック・リーチャーは、映画にはなっていない原作を読んだことが
あるのだけど、イメージとしてはトムクルーズじゃないのだけど、こ
れでいいのです。
 
ミッションインポッシブルのイーサン・ハントとは、まったく違う役柄
で、時代劇で言えば忠臣蔵とか七人の侍ではなくて、荒野の素浪
人なのです。
 
なのでクールでカッコいいアクションも無いことは無いのだけど全
体的に生身での対決が生々しくて、初代のリーサルウエポンを思
い出します。
 
ビシっと銃弾で決めるのじゃなくて、殴り合い。
 
しかもこれがかなりリアルで、足や腕の関節、筋の致命的な急所
をやっつけたり・・・。
 
知らない人にはただの殴り合いに見えるのでしょうけど。
 
ものスゴイ悪いヤツをやっつけるのは、スカッとするのだけど、そ
こまで描写するのは・・・と思ってしまったりして。
 
かわいそうでしょ、許してあげてよ、って。
 
でも、そういう相手じゃないので、息の根を止めてしまわないとど
うしようもない悪党だから仕方ないのですね。
 
スタッフロールもぜーんぶ見て、劇場内に明かりが灯ってから席
を立ち外に出ると、レイトショーだから当然ですがあれだけ満車だ
った駐車場もひっそりとしていて、だたひたすら待っていてくれるE
46が無事でいてくれるのが嬉しい。
 
03
 
E46のエンジンオイルは、16万キロではエレメントも交換する予定
にしていたので、釣りが中止になった日曜にいつものイエローハット
に行ってきた。
 
今回は、ティッシュボックスが3箱もらえる特典があるのですね。
 
いつものように作業する人が毎回違うので、心配なので作業中に
ウロウロしながら、何かしら口を出すのだけど、作業される人も、
見られているのは嫌なのだろうなと、今までのように完全密着取材
的な監視はやめて、待合で無料のコーヒーを飲んだりして待ってい
ました。
 
だけど作業終了後は、きちんとエレメントの締め付けトルクだの何
だの丁寧に作業報告をしてくれたり、まだ若い方なのに「この辺り
のBMが好きです。もちろん新しいのも叔父が乗ってるしいいので
すが」などとお愛想話しをしてくれたりして、いい感じでした。
 
04
 
05
 
06
 
エンジンオイルを交換した後は、いつも何だか軽やかになった感
じがするのだけど、それほどそのような気がしなくなった。
 
だんだん、どーでもいいや、みたいな気持ちがそのような事になっ
ているのか、ボク自身が鈍感になっているのか、それとも物理的
にエンジン自体が?
 
とにかく、16万キロを少し超えてしまったけど覚書として記録。
 
07
 
ここで考えたのだけど、この記事はブログのどのカテゴリーに記録
しておけばいいのかなあと。
 
もともとボクは整理整頓が下手なので、ブログの整頓も苦手で時々
迷うことがあるのですね。
 
だけど、やっぱりどうしようか困るのですね。ブログの仕訳。
 
カテゴリー選択しないと更新出来ないみたいで。
 
一度、ブログ内のカテゴリーやジャンルも含めて色々と整理整頓を
しないといけないのかなあ。面倒だなあ。
 
ここまで色々な事をダラダラと書くと、BMWなのか、日記なのか、
グルメなのか、映画・テレビなのか・・・。
 
日記・コラム・つぶやき、ですね。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

E46 16万キロ達成するも、反省の一日

ボクのBMW、2000年式E46型は間もなく16万キロ
を迎えようとしていたので、こりゃ是非キリ番を押さえてお
くのは必須なのだなあとワクワクと楽しみにしておりました。
 
日曜日の早朝5時少し過ぎに出発した時から、あと15キロ
だな、とか、あと8キロ、と走行中に確認していたのですが、
あと4キロを確認したまでは良かったのですが・・・。
 
01
 
「あっ! しまった!」
「どうした!」と助手席の息子が驚く。
 
3キロオーバーですわ。残念。
 
助手席の息子にチェックを頼んでおくべきだったか。
 
しかし、そういう事は一切、話をしてなかったのですね。
 
そんなのどーでもいいじゃん、って言われそうで(笑)。
 
思っていても言わないでしょうけど。
 
ま、しかし済んだ事は仕方ないし、別に重大な事柄でもない
わけで、1秒以内で無念の念は消えてました(笑)。
 
さてこの日曜日は、2週間前に孫の由ちゃんと息子と海釣り
で豊浜漁港に行きイワシが15匹釣れたという実績にアジを
締めて? また行こう!と由ちゃんと約束させられていたの
で仕方なく?そのような予定をしていたのでした。
 
ところが土曜日になって、由ちゃんにどうしても外せない
急用が出来てしまい釣りに行けなくなってしまうという事態
になったのです。
 
先ほど「仕方なく」と書いたのですが実は実は週刊実話!
ボクは大いに楽しみにしていたのであります。告白(笑)。
 
土曜の夜、由ちゃんは釣りに行けない事はわかっていながら、
大泣き、泣き止みません。
 
何故なら、そのような状況になったにも関わらず、ボクは
息子に「行こか」。
 
「いいよ」息子。
 
由ちゃんは釣りに行けなくて仕方ないのは諦めているのだけど、
我々だけが行くというのが悔しいのだろーな。
 
そこまで理解できているオトナなのですが、どうもそのオトナ
二人は、バカ親父とバカ息子なのでした(笑)。
 
実は仕事で少々腰を痛めてしまったので、やはりこれは静養し
ておくべきかも知れない、そういう物事の流れなのかも知れな
いと心の奥底でそのような声が聞こえたのだけど無視(笑)。
 
孫に約束されられたなどと言うのを言い訳にして、ホントーは
自分たちが行きたいのだな。
 
それで翌週、一緒に行くという約束をする事で、何とか事態は
収まったのですが、その交渉には「来週はオバアチャンも一緒
に行こうかな」と口添えをしてくれたのも助かりました。
 
そうして翌日の日曜。
 
さーて、今回は15匹どころか2、30匹釣って夕食には
お刺身から、フライ・・・とイワシ三昧にしてやるのだ!と
密かにニヤニヤしながら眠い目をこすりながら早朝からボクと
息子の二人で豊浜漁港、海釣り大漁ツアーを決行したのでした。
 
02
 
そうして豊浜漁港に到着。
 
バカ親子二人は、桟橋の空いたスペースを見付けるやいなや
サビキという(それしか持ってない)仕掛けを準備して仕掛け
を海に投入。
 
わずかな不安もありながら、ワクワク、ウキウキ度99%の
精神状態なバカ親子二人のでした。
 
陽が昇り、7時を過ぎたあたりの豊浜漁港は少し風があって
寒いのだけど、まもなく釣れるはずのお魚がフっ飛ばしてくれ
るのだろうと信じて昨夜かみさんが握ってくれた2種類のオニ
ギリや昆布茶、コーヒーなどを胃に入れながらじっと我慢なの
であります。
 
03
 
そうして何も無いまま、1時間半ほどが経過します。
 
「お父さん、今何時?」
「8時」
くらげが泳いでいるのが見えました。
 
それからわずかにイワシの群れも見えました。
 
しかしアタリは無し。
 
だんだん不安になるものの、「必ず釣れる!」という信念だけは
まだ残っているのだけど、ボクには引っかかるものがありました。
 
それは今朝の朝刊の、まああまり信じているわけじゃないけど、
一応最後に目を通す「今日の運勢」という欄。
 
13日大安、ね年(そうボクは、ね年)「自分の欲するものが
手に入らず。欲を離れ静かに休養すべし」。
 
確かに前日、腰を痛めてこの日も出掛ける時は忘れていたのだけ
ど到着して車を降りたら、「痛!」。
 
海を覗き込む姿勢で、「痛!」。
そして魚は一向に釣れる気配なし。
 
う~ん・・・。
 
04
 
新聞の運勢欄は、まあ気を付ける程度? 例えば「自分は一人で
成長したのじゃないのだよ、両親が育ててくれたからだよ」的な
あー、そうだなあ、自分ひとりじゃないのだな、自分にかかわる
人達、世間、みんなのおかげなのだなー。
 
感謝しないといけないのだなーと思い起こさせる事があるので
見るのだけど・・・。
 
本日ばかりは、そのまんま「今日はやめとけ!」と言わんばかり
の内容で、結果もそのまんま。
 
釣りは丸坊主。
腰も痛いし。
 
息子の一声で、10時には撤収。
 
自宅に帰ると、孫の由ちゃん「釣れた?」と。
 
「いや、一匹も釣れなかったわ」。
 
その回答に由ちゃんは、とっても嬉しそうな笑顔をしてました。
 
「この前は沢山釣れたのにねぇ」と言ってくれるのだけど表情
は嬉しそうなのですね。
 
自分が行けなかった悔しさが、釣果ゼロでザマー見ろ!とまでは
言わないけど、楽しみを取られてしまわなかった気持ちが笑顔に
なったのだろーなー。
 
「やっぱり由ちゃんが一緒じゃないと釣れないわ」と息子。
 
今日は運勢通り、16万キロのキリ番はゲット出来ず、魚も釣れ
ず、腰は痛いし、やっぱり休養していた方がいい日でした。
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

せせらぎ街道の紅葉は見ごろでした

日曜日に思い付きでせせらぎ街道を走ってみました。
 
土曜から絶好の行楽日和などと耳にするので、これは
行楽しないと損をするような気持ちにもなるのですね。
 
国道41号を北上し下呂を通過、国道257号に入ると
それはもう快走路です。
 
そうして、かおれトンネル付近まで来ると、山々の景色
は紅葉で美しくなっていくのでありました。
 
001
 
002
 
かおれトンネルを通過して、せせらぎ街道に突入するので
すが、近くにパスカル清美という、道の駅?があるので、
そこで一休みしようかと思っていたのですが、駐車場は
満杯でそれだけで渋滞が起きていました。
 
一度はその行列に並んだのですが、駐車場に入ってしまう
と、やっぱり諦めようと思っても出るに出られなくなって
しまうのではないかと咄嗟に判断し、進路変更。
 
Uターンして、せせらぎ街道を高山方面に車を向けました。
 
003
 
そこからは、みなさん紅葉の景色を楽しみながらでしょう、
のんびり速度で延々とドライブが続くのでした。
 
004
 
標高約1000mの峠の頂上を境に下りになり、まだまだ
紅葉を楽しみながらのドライブが続きます。
 
そうして中部縦貫自動車道、高山西ICの手前のななもり
清美という道の駅を折り返し地点としました。
 
そこで高山ラーメンを食べようと密かに考えていたので。
 
ところが、そこも駐車場はほぼ満杯で少しだけ並んだのです
が運良くすぐに駐車することが出来たのはいいのですが、
レストランは案の定、待っているお客さんでごった返してい
たのですね。
 
店内を覗くと全てのテーブル席が埋まっており、ご家族連れ、
ご夫婦? その他グループで昼食を楽しんでおられ、私のよう
な一人孤独な単独アウトロー的な野郎が並んでまで入って、
相席?なんていうのもいいのかも知れないのだけど、そこまで
して高山ラーメンを食べたいわけでもないので即刻計画変更し、
行列も無く軽食を販売している売店で、さら~っとメニューを
見て、飛騨牛入りタコ焼きに即決(笑)。
 
005
 
6個入りで500円でした。
 
本当に飛騨牛は入っているのだろうな?と少々疑いの念を持ち
ながら口に入れると即座に溶けて無くなってしまうくらいの具
無しで飛騨牛だと思われる肉片が一粒残るのですね(笑)。
なので1個食べるのに数十秒、あっと言う間に6個が胃の中に
溶けて無くなりました(笑)。
 
だけど多少お昼の空腹を紛らわす事が出来れば、孤独なアウトロー
にはまったく差し支えはないのですね。
 
また同じように下呂方面に向けて来た道、せせらぎ街道を走るので
ありました。
 
006
 
時折高級輸入車とすれ違うのですが、ランボルギーニの大群も。
 
全部で軽く1億は越えている、2億にもなりそうな塊が一度に走って
いるのだなーなどと思いながら帰り道の景色を楽しむのでありました。
 
007
 
008
 
思い付きのドライブで旬の紅葉を楽しめたのは良かったなあ。
 
気温は10度前後で外にいると寒くなるのだけどドライブ中の
車内は快適そのもの。
 
やっぱり、絶好の行楽日和なのでしたね。
 
009
 
010
 
しかし、飛騨牛入りとは言っても、タコ焼き6個ではさすがに
お腹が・・・。
 
下呂まで戻り、舞台峠ドライブインに入ってみました。
 
午後1時半を過ぎていて、レストランもガラガラ。
 
前回ここで高山ラーメンを食べたので、今回は山菜そばを。
 
011
 
このドライブインでも、国産車、輸入車に限らないカブリオレ?
オープンな車での集いでの休憩があったようです。
 
ベンツのオープンや、BMWのZ4はもちろん、3シリーズの
カブリオレ、国産軽自動車の2シーターオープン・・・が一同に
集まっておられました。
 
う~ん、皆さん何かしらでドライブを楽しまれているのだなあと
思いながら帰路についたのでありました。
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

豊浜漁港で釣れたイワシは高級魚

孫の由ちゃん希望で3回目の海釣りは、息子の提案で
愛知県知多郡南知多町の豊浜漁港に行ってみました。
 
日曜早朝5時に出発し名古屋第二環状自動車道、伊勢
湾岸自動車道、知多半島道路、南知多道路をE46で
走り間もなく到着する時点で燃費は「おお!」(笑)。
 
001
 
日の出後の6時半少し前に到着したのですが、数ある
釣りスポットの中で目指していた桟橋は既に場所が無い
ほどの釣り人で賑わっていたのですが、夜釣りだったの
でしょうか、それとも場所を変えるのか、丁度撤収され
る方がいて場所を確保することができました。
 
早速(全て私が)釣り竿とか仕掛け?とかをセットして
今回も釣れない釣りの開始です(笑)。
 
002
 
天候は曇り、気温10度、微風。これが寒いんですね。
 
回りの人は何やら沢山釣れているようでしたがド素人の
我々は今回も釣れないのだろうなと思いながら見守るの
でありました。
 
003
 
この桟橋は鉄製のネット形状で出来ていて真下は数m下の
海面が見えるのですが車のキーとか小物を落とすと大変な
事態になるのですね。
 
004
 
まあ寒いし1、2時間もして餌も無くなれば終了となり、
お昼までには帰宅できるのじゃないかと、マイナス思考的
希望?もあったのですが、何と釣れ始めたのですね!
 
いやー、感動的に嬉しい!
 
実際に最初に釣ったのは私なのですが、それでも由ちゃん
は大喜びです。
 
最終的に由ちゃんも自力で釣れたので良かったのですが。
 
005
 
イワシです。
 
周囲でだんだん釣れ始めていたので、この状況で我々だけ
釣れないのは仕掛け自体に問題があるのではないか?
 
そもそも沢山付いている針は、本当に付いているのだろうか?
と心配になったのですが、ようやく釣れてホットしました(笑)。
 
由「オジイチャンは釣りの名人だね!」と大きな声で。
 
私(恥ずかしいからデカい声で言うんじゃない!)と内心。
 
由「オジイチャン日間賀島で釣れたけど逃げた魚は何だった?」
 
私「あれはマグロだ」(笑)。
 
由「やっぱりオジイチャンは、釣りの名人だよね!」
 
私(だから、それは言うなって!)(笑)。
 
朝食用に持参してきたサンドイッチやおにぎりを食べながら
釣りを楽しむのでありました。
 
006
 
ですが3人で釣り竿は1本。もちろん由ちゃん用。
 
そいつを私や息子も交代で使うので、釣れ始めると手ぶらの
残り二人はやりたくて仕方ない気持ちになるのですね(笑)。
 
ついに何度か目のトイレに行った帰りに息子は釣り具店で
釣り竿を買ってきたのでありました。ついでに追加の餌も。
 
この時点でイワシは何匹か釣れていたし釣り竿の
無い私は餌が無くなったら帰ろうねと提案しようと思って
いたのに・・・。
 
007
 
私「釣り、替わってやろうか?」
 
由「いい、自分でやる」
 
私「おい、替わろか?」
 
息子「いや、いい」
 
1、2時間で終了の予定がお昼になってしまいました。
 
多少晴れ間も出てきたのですが、寒いのは寒いのですね。
 
ようやく餌を使い切り、さてそろそろ帰ることに。
 
お昼なのですが、由ちゃんは朝食用とは別にお弁当を
作ってもらってきていて、お腹も空いていたようで駐車場
で一人だけランチタイムなのです。
 
だけどその足を組んでの姿はオヤジではないか?(笑)。
 
008
 
009
 
ようやく午後1時頃に現地を出発。
 
外は寒いのに車の中はポカポカで、私も朝早かったし思い切り
眠ってしまいたいくらいの気持ちいい疲労感。
 
010
 
当然、由ちゃんは後部座席で・・・。
うらやましい・・・(笑)。
 
011
 
さて帰宅して夕方となり、釣れたイワシをどうするか?
 
結局、15匹でした。
 
012
 
013
 
誰もどうやって食べるかの提案が無く、誰も何もやろうとしな
いので、私がやることになるのですね。
 
水洗いして適当にウロコを取って腹をさばいて・・・。
 
レシピが思い付かず、刺身にするわけでもないのに皮まで剥い
でしまいました。
 
014
 
015
 
この時点で思い付いたのが、から揚げ? フライ?
 
もうこうなったら野郎のサバイバル料理みたいなもんで、食え
ればいいだろ!みたいな勢いになってきました。
 
まあ当然一杯やりながらなので、そうなりますわね(笑)。
 
醤油、ゴマ油、ショウガ、ニンニクを混ぜたタレ?を作って
そいつに10分くらい浸けます。
 
これだけで、い~い香り!
 
016
 
それを薄力小麦粉にまぶして油を敷いたフライパンに投入。
 
だいぶん大ざっぱで適当です。
 
017
 
018
 
なのでイワシの原型は、もうありません(笑)。
 
揚げ上がったものからすでに由ちゃんや娘、息子にかみさんが
手掴みで口に運び、「美味しいー!」と。
 
019
 
私も揚げながら頂くのですが、いやマジに美味い!
 
そうして全部揚げ上がってようやく席に着いて、今日の釣りを
思い出しながら一つ一つ味わうのでありました。
 
薄力小麦粉はフライなら付け過ぎなのでしょうけど、途中から
塩コショウしたのですが、まるでフライドチキンみたいな感じ
で美味いったらないのでした。
 
一度にイワシ15匹を家族でペロっと食べたのは初めてです。
 
020
 
だけど、由ちゃんの海釣り、日間賀島、新舞子とまるで釣れな
かったのですが、3回目の豊浜港では15匹だけど大漁となり、
大満足で良かった良かった。
 
それはそうと、豊浜漁港にある「さかなひろば」って言う市場
を帰りに覗いてみたのだけど、30~40匹のイワシを300円
で売っていた。
 
餌代、有料道路・・・コスパ的には(笑)。
 
高級魚となりました(笑)。
 
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »