« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

E46 エンジンオイルをモービル1に替えました

エンジンオイルは約5千キロ毎に交換していて、エレメントは
1万キロで交換することにしています。
 
今回はエンジンオイル交換のみの時期がやって来たのですが、
いつものカーショップ(イエローハット)に行ったのですね。
 
ところが、愛用しているオイルがメーカー欠品とのこと。
 
これが2週連続で入荷していなくて、別にカストロールに拘ら
いから他ので何かありませんか? これ安いじゃないですか?
しかし、それはBMWに適合していないのだとか。
 
ACEA企画のA3じゃないとダメです!ってことでした。
 
在庫の中からその規格のあるオイルに、Mobil 1という
のがあり、今まで使っていたのより少々割高なのがありました。
 
1割引のクーポン券もあったので、それにしました。
 
何か自分の中では、モービル1っていうオイルは高級なイメージ
があったので、どうなのかなとは思っていました。
 
01
 
とにかく、どんどん私の規定の中でのオイル交換時期を超過して
してまっているので、何でもいいからエンジンオイルは交換しな
いと! っていう気持が先走っていたのも確かです。
 
02
 
主にベンツやポルシェが推奨しているオイルだそうですが。
 
まあ規格に合ってれば間違いないでしょう。
 
という事で次回は、エレメントも交換しないといけないのですが
17万キロの予定です。
 
03
 
そうそう、エンジンオイルを交換すると、気のせいかエンジン音
が静かになったような感じがするのですが、しばらくすると元の
感じに戻ります。
 
ですが、今回、交換してから2週間ほど経つのですが毎朝始動し
た時のアイドリング音が、滑らかな感じが持続しているのですね。
 
これも気のせいかも知れませんが(笑)。
 
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

豊浜漁港で魚釣り

さすがに先週の日曜はしっかり休養して疲れをとろうと思って
いたところに、またしても孫の由ちゃんが「ねえ、おじいちゃ
ん今度の日曜、魚釣りに連れてって欲しいけど、いい?」と。
 
疲労で思考能力が低下していたのか、安易に「いいよ」。
 
「やった~! 嬉しい!」。
 
この一言で、「立つんだジョー!」という丹下の親父さんの声
がリングの下から聞こえてくるのだな(笑)。
 
由ちゃんから朝3時に起こしてね! と言う言葉が白木葉子の
声にかぶり・・・。
 
日曜午前4時、出発。
 
途中、久し振りにBMW E46の瞬間燃費は16キロ/Lを
記録しました。
 
001
 
午前5時少し過ぎに到着した豊浜漁港の桟橋はすでに超満員。
 
仕方なく丸で釣れなさそうな空いてる場所でしばらく糸を垂ら
していたのですが、我慢できない孫の由ちゃんはママと一緒に
桟橋に移動。私は疲労と眠気で動く気が起きず・・・。
 
少しすると「オジイチャン! 釣れた!」と勢い込んで来て
クーラーボックスを取りに来ると、走ってまた桟橋に。
 
002
 
じゃあ、私も行くか、と重い腰を上げて行くと、由ちゃんは
立て続けにイワシを釣り上げていました。
 
私も一応、一匹釣ったのですが、クーラーボックスに入れたら
「オジイチャン、ボクの釣った魚と別にして! ボクのはこの
ビニール袋に入れるから」と分別させられました(笑)。
 
釣れたとは言っても8時までに結局全部で、6匹でした。
 
003
 
写真には私が釣った一匹は入れてもらえませんでした(笑)。
 
エサも無くなり、もう帰りましょうとママの一声でようやく
極暑の桟橋から脱出。
 
桟橋近くの「魚ひろば」という市場でお買い物です。
 
004
 
005
 
今回は、甘エビ1パック千円、サザエ1パック千円などをママ
は買ってました。
 
006
 
007
 
008
 
私は生シラスが欲しかったのですが、次は8月頃から出るのだ
そうで有りませんでした。
 
午前10時半に帰宅して洗面所で手を洗っていたら、なんだか
フラフラっとして、頭がクラクラしてヤバイ! こりゃマジに
休まないと・・・。
 
ですが、娘は早速釣ったイワシをフライにしようと調理を開始
していたので、私も頑張ってサザエの刺身とつぼ焼きに奮闘。
壷焼きは何とかなったのですが、サザエの刺身って・・・。
 
どうにもフタが開きません。
 
意地と根性で何とかこじ開け引きづり出したものの、食べれる
のは、ほんのわずか。でも美味かったです。
恐くて肝は食べるのはやめましたが(笑)。
 
写真はありませんんが、娘もサザエのお刺身食べたいって言う
ので2個目はプライヤーで殻を割ろうとしたのですが無駄でし
た(笑)。
 
でも何とか穿り出し・・・。
 
美味しかった~! お父さんありがとう!の一言で、朦朧とし
ていた意識は何とか持ち直します(笑)。
 
そうして出来立てのフライを食べたのですが、かみさんも孫の
由ちゃんも、私も「美味~!」と絶賛でした。
 
009
 
私が焼いたサザエの壷焼きもマズマズの出来でした。
壷焼きの方は肝までキッチリと頂きます(笑)。
 
010
 
011
 
013
 
ですが、一人1個も食べれば皆それで満足で、5個ほど残り。
 
夜になって、これって早く食べちゃわないといけないんじゃ
ないの? と。
 
ですが、誰からもリクエストは無く、私が残りの5個を全部
自分で焼いて頂きました。
 
もう当分はサザエは要らんな(笑)。
 
そうそう職場で、釣ったイワシの写真を見せたのですが、これ
ってアジじゃないの? この2匹はアジだよ、って。
 
アジだったのか! 
誰だ! アジのフライを食べたのは!(笑)。
 
 
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

流しそうめんを食べてきました。

仕事も大変に忙しくなっていて、オマケに先週末に腰を
少々痛めてしまい、この日曜はゆっくり静養に当てるつ
もりでいたのですが、孫の由ちゃんに「おじいちゃん、
今度の日曜日に流しそうめん食べに連れってほしいんだ
けど返事書いて」という置手紙?メモが机の上に置いて
あって、「いいよ」と返事を書いてしまっていたのですね。
 
そうそう滝にも行きたいと書いてありました。
 
昨年も行っているのですね。
 
由ちゃんに頼みにされると、腰の痛みや疲労など(笑)。
 
名神高速から東海北陸自動車道に入り白鳥インターを出て
20分くらいのところです。
 
001_2
 
 
002
 
運良く一番近い駐車場に停めることが出来て、そこから
少し歩いた山の斜面に阿弥陀ヶ滝荘(あみだがだき)は
あります。
 
003
 
004
 
早速先に支払いを済ませて席に案内してもらいます。
 
私は、流しそうめんと岩魚の塩焼きセット、由ちゃんは
流しそうめんだけです。
 
麺つゆのお代わりは300円で、この価格は流しそうめん
の約半分を占めているのですね。
 
まあ麺つゆをお代わりするほど食べ続けることは我々には
ありませんが。
 
005
 
006
 
焼だんごもメインメニューの一つになっていて美味しそう
だったのですが、また今度。
 
007
 
由ちゃんも私もそうめんで腹が一杯になり、と言うか少し
ばかりそうめんだけでは飽きてきた感が出て、しばし箸を
置き、岩魚はまだかなぁと。
 
結構待ちました。さばいて炭火で焼いているようですが。
席にいる限りどんどん流しされてくるそうめんを時々食べ
てひたすら待つのみ。
 
ようやく出てきました。岩魚の塩焼き!
 
昨年は何か表面が炭になってしまっていた記憶があるの
ですが今回は、キチンとアタシがイワナの塩焼きよ!
 
上手に食べてね!と言っているかのように美しい焼け具合
なのでした。
 
008
 
確かに旨みが違う感じがしました。
 
うん、このイワナは美味い! キレイにキッチリと食べら
れるところは全部食べてやりました。
 
隣の席の一人で来られたらしい男性は、流しそうめんや、
自分の岩魚の塩焼きをバシャバシャと一眼レフで撮影する
と岩魚を一気にムシャムシャ、ムシャ!と食いあさると
トットと席を立ったのですが、岩魚にはまだ肉片やら皮が
かなり雑に食い残されていたのですね。
 
それでつい「おい!まだ残ってるじゃねぇか!キチンと
食ってやれよ!」と怒鳴ると、「良かったらどうぞ」と
言われ、「そうですか! じゃ、頂きます。ありがとう」
とにんまりと笑顔で他人の食い散らかした岩魚を・・・。
んなわきゃ無いです(笑)。
 
岩魚が可哀そうだと思ったのは確かですが。
 
さて食べ終わると、ここに到着した時から疲労で眠気が
残りまだ腰の痛みも残っていたのですが、由ちゃんは滝ま
で行く気満々なので、ここまで来たのだからと石段を登る
のでありました。
 
009
 
10分ほどなのですが、石段は結構私にはね。
 
そうして、日本の滝100選の一つという阿弥陀ヶ滝に
到着です。
 
010
 
011
 
滝のしぶきはものすごくて、マイナスイオンなんて物じゃ
ないです。 
 
近くまで行ったのですが、二人ともほぼずぶ濡れ状態でした。
 
012
 
滝から少し離れると普通に森林浴と適度なマイナスイオンに
包まれるのですが。
 
013
 
滝からの帰りは別ルートで戻れるのですが、途中に延命地蔵
というのが小さな清水で出来た池に祭られています。
 
014
 
その脇にカエルの置物を見付け、「由ちゃん、カエルの置物
が置いてあるよ、ほら」と。
 
015
 
「あー、ホントだ。でもオジイチャン、喉が動いてるよ」
ええ?っと良く見ると本物の生きたカエルでした。
 
何か赤い斑点とかあって、何と言うカエルなのでしょうね。
 
毒がありそうな雰囲気のカエルでしたが、お地蔵さんを守っ
ているようにも思えました。
 
016
 
我々が立ち寄る前にその水で手を洗っていた家族の方も次に
きた人達も、目と鼻の先にいるカエルにまったく気付いてい
ませんでした。
 
さあ帰路も白鳥インターから入って空いている東海北陸自動
車道を快走します。
017
 
トンネルに入ったり出たりとオート機構のない私のE46は、
ライトのスイッチを頻繁に作動させなければならず、眠気防止
にもなったようです。
 
途中、16万5千キロを記録。
 
018
 
019
 
あるトンネルとトンネルの間の山岳地帯では、ものすごい
豪雨で前方視界が悪くなるほどでしたが、その先は降った
形跡もなく。
 
020
 
山の天気は変りやすいのですね。
 
帰りは美濃関JCTから東海環状自動車道、中央道で実家に
向かい、午後3時前に到着したのですが、さすがに疲れでしょ
うか、バッタリ横になると、一瞬で2時間寝てしまいました。
 
由ちゃんは実家の畑の手入れやアイスクリームを買いに行った
りと元気一杯なのだなぁ・・・。
 
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »