« E46 アイドリングストップによる燃費の向上 | トップページ | インドカレー食べてきた »

2018年3月28日 (水)

E46 クーラント漏れの原因をほぼ特定

クーラント漏れで毎週補充しないといけないくらい深刻な状況
になっていて先週の日曜に少しジャッキアップしてみたのだけ
れど恐くて下にもぐりこむ勇気が無かったのでカメラを差込ん
でみたら、どうやらエンジンの後方部分から漏れているのでは
ないかということがわかった。
 
駐車場にも、ほぼその部分に濡れた部分もあって、それは乾燥
するとだいぶ薄くなるのでオイルではなさそうなのですね。
 
05
 
思い返せば以前は今ほど早く警告灯が点灯することはなかった
のだけどエキスパンション・タンクのキャップを交換してから
早くなったような気がするのですね。
 
キャップはパッキンが破損していたので、わずかながらそこか
らも漏れていたのだろうけど、新品に交換したことによって、
その圧力が以前からも漏れていたかも知れない、その弱い部分
に集中しているのではないかと考察。
 
問題のその部分がエンジンの後方らしいと目星をつけたわけで
あります。
 
実際クーラントの緑色のシミがエンジン後部下に見られるし。
 
そこで丁度仕事も少し早めに終わったので自宅近所(お隣)の
整備工場に寄って相談してみたのですね。
 
調べるだけなら今見てみましょうと直ぐにリフトアップしても
らえました。
 
01
 
02
 
やっぱり緑色のクーラントのシミがエンジン後部下に乾いた状態
で痕跡がはっきりみられました。(矢印1)
 
そうして良く見るとその上部(矢印2)に真新しいクーラントが
滲んでいるような部分を発見。
 
しかし下からでは遠くて、上から見られないだろうか?って事で
リフトを降ろして今度は上から調べてみました。
 
03
 
エアコンフィルターのホルダーを外します。
 
この部分の取り外しは慣れているのであっと言う間です。
 
漏れのありそうな部分は矢印の下辺り。
 
ライトで照らして良く見てもらうと「ああ、あった!」と。
 
先週自分で外して見た時は見付けられなかったのだけど、おお!
ここだわ!とハッキリわかりました。
 
04
 
写真ではわかりにくいのだけど、シリンダーヘッドの後部に接続
しているホースのコネクターの付け根です。
 
グチュグチュに真新しいクーラントが滲み出ていました。
 
このコネクターは細めのホースとやや太めのホース2本が一ヶ所
になってシリンダーヘッドに直結しているジョイント部分です。
 
A1
 
しかしその部分はかなり狭くて手を入れるのも難儀そうなところ
で、これってエンジンを下ろさないと作業出来ないのじゃないか
と思うほどです。
 
指先に目が付いてれば出来るかも知れませんが。
 
なので自分ではまったく自信も無ければヤル気もなく(笑)。
 
とにかく漏れてる部分は特定できたようです。
 
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

|

« E46 アイドリングストップによる燃費の向上 | トップページ | インドカレー食べてきた »

BMW」カテゴリの記事

コメント

原因がはっきりして良かったですね!

ですが水回りはそろそろリニューアル時期だと思います。順番に漏れ出す頃合いかと…

少々お金かかりますが、水回り一式見直すことをお勧めします( ;∀;)

投稿: 源 | 2018年3月30日 (金) 23時10分

ご質問いただいてた件ですが、
私のクルマでは、過去3回ほど修理をやってます。1回目は購入8年目(今から11年前)くらいの時に、ラジエターほか水回り一式交換してます。この時は、高速の帰り道で水温計がレッドゾーンに入ってしまい、冷や冷や帰還dラー直行というもの。2回目はその4~5年後くらいの時に、ラジエターホースが破損し高温状態でどど漏れしレッカー移動で該当箇所のみ交換。3回目は昨年5月に、サブタンクからの液漏れでサブタンクをまるっと交換。
ぽたぽたくらいの漏れだったら、まだ大丈夫かと思いますが、私のケースでもあったように、大量に流れてきたらレッカーのお世話になると思いますのでご用心を。かく言う私も4年くらい前からいつかはやらないとなぁと思いつつ先延ばしにしてますが。

投稿: 権兵衛 | 2018年3月31日 (土) 05時42分

★★源さん

コメントありがとうございます。

>原因がはっきりして良かったですね!

そうなんですよね。
原因さえわかれば手の打ちようがあります。

>少々お金かかりますが、水回り一式見直す
>ことをお勧めします

重々わかってはいるのですが・・・。
まあチビチビやっていきます。私のお酒の
飲み方と同じように(笑)。

投稿: るぱん | 2018年3月31日 (土) 19時33分

★★権兵衛さん

コメントありがとうございます。

>ご質問いただいてた件ですが、

ありがとうございます。やはりE46の定番
のものですね。

私は一番最初にエキスパンションタンクが
破裂(5万キロ弱)で交換後にアッパーホー
スとロワーホースを交換しました。
水回り系は、それっきりで17万キロを迎え
たわけです。

>かく言う私も4年くらい前からいつかはや
>らないとなぁと思いつつ先延ばしにしてま
>すが。

クーラント漏れについては、5月車検なので
それまでには修理しておかないと何ともなら
ないのでやりますが、他は私も先延ばしです。

まあモグラ叩きでやってきますわ(笑)。

投稿: るぱん | 2018年3月31日 (土) 19時46分

私も水回りでは数万キロでエキスパンションタンクの交換をしましたが、それ以外は怪しい気配もありません。

BMWは樹脂系が弱いと言われていますが
当たり外れがあるのかもしれません。
少しずつ交換していくのもありだと思います。

投稿: ORION | 2018年3月31日 (土) 20時36分

★★ORIONさん

コメントありがとうございます。

>私も水回りでは数万キロでエキスパンション
>タンクの交換をしましたが、それ以外は怪し
>い気配もありません。

最初に破裂した後に、こりゃまたあるかも知れ
ないと思い予備にスパンションタンクを1つ
購入しましたが膠着在庫になってます(笑)。

>BMWは樹脂系が弱いと言われていますが
>当たり外れがあるのかもしれません。

樹脂系の問題は、E46辺りの時代からは
BMWも日本市場を見据えたテストもして
いるようなので現在では改善されているの
かも知れませんね。

それにしても私のは当りなのかハズレなの
か・・・。
いずれにしても18年も経過すれば、あち
こちガタが来ても仕方無いですね。

>少しずつ交換していくのもありだと思いま
>す。

出来ることならイッキにやりたいのですが、
出来ないってのが正直なところでして(笑)。

絶体絶命の致命的な事が無い限りは少しづつ
やっていく所存であります!

頑張れ、るぱん!(笑)。

投稿: るぱん | 2018年3月31日 (土) 21時47分

私も6年前にシリンダーヘッド裏のフランジを交換しました。
http://blog.livedoor.jp/bmw3e46/archives/1055663427.html
その後、そのフランジに接続するウォーターホースも交換する羽目になりました。
http://blog.livedoor.jp/bmw3e46/archives/1063747753.html
樹脂製パーツは時期が来れば要交換となる箇所ですね。

投稿: ビッキー | 2018年3月31日 (土) 23時36分

★★ビッキーさん

コメントありがとうございます。

>私も6年前にシリンダーヘッド裏のフランジ
>を交換しました。

ビッキーさんも交換されていたのですね。
私のも似たように結晶状になっているのが
確認出来ました。
間違いなく、そこから漏れているようです。

その辺りをまとめて交換するのが一番だとは
思うのですが、私はフランジ?のみ交換して
みることにしました。

>樹脂製パーツは時期が来れば要交換となる
>箇所ですね。

交換部品が長年に渡って調達できるという事
が有難いです。

投稿: るぱん | 2018年4月 1日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E46 クーラント漏れの原因をほぼ特定:

« E46 アイドリングストップによる燃費の向上 | トップページ | インドカレー食べてきた »