« E46 テールランプ接触不良 | トップページ | ボジョレーヌーボー頂きました »

2018年11月11日 (日)

ボヘミアンラプソディを観て来た

クイーンというバンドは大好きで、特にボーカルのフレディ・
マーキュリーの歌声は、私がまだ中学生だった頃に初めて聞い
た「キラークイーン」は、男性ではなく女性ボーカルだと思っ
たくらいの高音域が魅力的でした。
その後何枚かアルバムも手に入れて聞いていたのですね。
だけど、1991年に45歳の若さで亡くなってしまい、とて
も衝撃的だったと共に残念でなりませんでした。

01

今回、そのクイーンが映画化され、しかも彼、フレディ・マーキ
ュリーの物語だということで、早速観に行ってきました。

02

彼が同性愛者でエイズで最終的に肺炎で亡くなったというような
ことは知っていたのだけど、そんな事はどうでもよくて彼の才能
というか、パフォーマンスは、それこそ同性愛者だろうがエイズ
だろうが、それらはまったく無関係に素晴らしいものだと思って
います。
さらに詳しく知りたいとも思わず、それまでの楽曲を聞いていた
のだけど映画を観ることによって、彼の素性が自動的にわかる事
になったのですね。

03

それにしても悪く言えば身勝手でわがままな人だったようにも
感じられたのだけど、その反面正直で素直だったとも解釈できる
のですね。それはフレディ寄り(ファン)だからかも知れません
けどね。
今月に入ってから毎夜寝しなに「死」とは何か、という本を読ん
でいるのだけど(まだ少しだけ)、その序盤に人は誰もがみな、
自分が死ぬことを本気で信じていない、という講義があるのだけ
ど、それは人は誰もが死ぬことは避けられず、必ず訪れるものだ
という事実は認めているにも関わらず、実際に死を宣告された人
はそれまでの生き方から大幅に変わる。金儲けや利益に夢中にな
っていたのが、家族愛や思いやり、お金じゃない幸せ?みたいな
ものを求めて、それらに積極的になるのが大半らしい。だけど、
死は信じていると言っているのに、そういう生き方に変えられな
いのは、死を宣告されてないからなのか、自分は死なないと信じ
ているようにも解釈できる・・・。

05

読んでいても大学教授の講義です!って感じで中々まどろっこし
いというか正解を見付け難いというか、とにかくもやもやしなが
ら読み進めてはいます(笑)。
ところが今回の映画「ボヘミアンラプソディ」を観ていて家族と
同然であるクイーンのメンバー等との身勝手な離脱から、最終的
に「死」を確信し(だと思う)、見失っていた自分を取り戻し、
最期のシーンのライヴエイド(1億人の飢餓を救うチャリティー)
での20世紀最大のチャリティーコンサートでは、それら楽曲の
詩自体がまさに自分の素直な感性であり人々に訴える気持ちが、
先ほどの読書中の「死」とは何かと共通するようなものを感じ、
どうにも抑えきれず両眼から決して美しいとは言えない?液体が
頬を伝ってしまったのでありました(笑)。
気付かれないように拭い、嗚咽は何とかこらえたのですけどね。
革ジャンのオヤジが、鼻水すすってオイオイ泣きだしたらこりゃ
恥ずかしいですもんね、お前ぇ、フレディの親戚か?って(笑)。

04

もしあの本を読んでいなくても、その感動というか意味は充分に
映画で伝わると思うし、埃にまみれた汚い液体は頬を伝うことに
は変わりなかったと思うのですね(笑)。
というようなのが、この映画をみた感想なのだけど、元々クイー
ンというバンドを知っていたから演奏される楽曲も楽しめたし、
フレディ役以外のブライアンメイ役も、よく似ていて当時の本人
と区別がつかなくなる、とは言いすぎかも知れないけど良かった。
もし、クイーンの曲は聞けばわかるけど、クイーンを知らない人
が見たら、どうなるか、私のように感動するのだろうか、という
ことまでは考えないことにしよう。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

|

« E46 テールランプ接触不良 | トップページ | ボジョレーヌーボー頂きました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大リーグのどこかの球場で、We will lock you を観客が大合唱してるのを、今年テレビで見たような…

投稿: 権兵衛 | 2018年11月12日 (月) 19時17分

★★権兵衛さん

コメントありがとうございます。

>大リーグのどこかの球場で、We will lock
> you を観客が大合唱してるのを、今年テレ
>ビで見たような…

大リーグでこの曲のフレーズはよく流れます
よね。映画の中でこの曲がどうやって生まれ
たのかも出てきました。

投稿: るぱん | 2018年11月13日 (火) 19時00分

ファンとしては見に行きたくないような木もあり、、、
でも見に行きたい気もあり。
どうせ見るなら大スクリーンだし‥‥
ちょっと悩ましいです。

投稿: ORION | 2018年11月16日 (金) 09時38分

★★ORIONさん

コメントありがとうございます。

>ファンとしては見に行きたくないような木
>もあり、、、
>でも見に行きたい気もあり。

私も観るまでは俳優に違和感があって、本人
ならいいのですが似た人って、どうなの?っ
て少し迷いました。
フレディを別人が演じるのが許せない?みた
いな。

>どうせ見るなら大スクリーンだし‥‥
>ちょっと悩ましいです。

後々DVDで見るなら、やはり大スクリーン
で観ておいた方が・・・。

臨場感は劇場の方が確実に勝ってますし。

迷われてるのなら観るべし!と思います。
死ぬまで後悔しますよ(笑)。


投稿: るぱん | 2018年11月16日 (金) 20時41分

ボヘミアンラプソディ、
死ぬまで後悔しないように見に行ってきました。
強くすすめていただきありがとうございます。
フレディが生き返り、タイムトリップしたかのような
素晴らしい体験ができました。

QUEEN世代ではないヨメは大画面のうちに
2度目も見に行くようです。
ついでに私も。

投稿: | 2019年1月21日 (月) 12時49分

★★ORIONさん?

コメントありがとうございます。

>ボヘミアンラプソディ、
>死ぬまで後悔しないように見に行ってきま
>した。

投書クイーンはライブエイドには参加しない
意向だったのに、フレディが出ようと言い出
す。そして参加しなかったら、死ぬまで後悔
することになる、というようなセリフがあり
ましたよね。

私もこのセリフは心に残っています。

やるかやらないか、迷ったら・・・。
やらなかったら死ぬまで後悔するのですよね。

そういう事が過去に沢山あったような気がし
ます。
あ~、あの時・・・って。

やって失敗したっていいんですよね。
失敗しても後悔しなけりゃ。
それはそれで、やったけどダメだったってい
う経験になるだけなので、やはり迷ったら、
やった方がいいのかも知れませんね。

投稿: るぱん | 2019年1月21日 (月) 19時19分

失礼しました。
21日のコメントはORIONでした。

私はやらずに後悔、というか
やってたらどうなったか?と迷うことがあったのですが、
歳を重ねてからは
「あの時やらなかったけど、今がいいから、ま‥‥いいか」
って思うようになりました。

投稿: ORION | 2019年1月30日 (水) 10時27分

★★ORIONさん

コメントありがとうございます。

>歳を重ねてからは
>「あの時やらなかったけど、今がいいから、
>ま‥‥いいか」
>って思うようになりました。

確かにそういう事もありますね。
私も、あの時やらなくて良かったと思える事
はあります。
もしそうでなければ、今の幸福感は無かった
のかも知れないと・・・。
ただ、別の方法はあったかもと、後悔ではな
く反省は無いでもないですが(笑)。

とにかく過去をあれこれ考えるより今に感謝
しています。

投稿: るぱん | 2019年1月30日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアンラプソディを観て来た:

« E46 テールランプ接触不良 | トップページ | ボジョレーヌーボー頂きました »