« Fukushima 50を | トップページ | 台湾にもう一度 »

2020年3月29日 (日)

レガシー モモステ

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

レガシーのサイドブレーキレバーの横にはカップホルダーが
2個分蛇腹のフタを開けると現れる。
その部分に天気が良く直射日光が良く当たっていたある日、
良く見るとテカテカに光っているので何だこの光沢は?と
触ってみたら、ネッチネチ!
001_20200329215101
002_20200329215101
003_20200329215201
まるで糊が塗ってあるくらいネットネトだった。一体これは
どうなっているのかと一瞬思ったのだけど原因は直射日光に
よる劣化というか影響で樹脂の材質が溶けだしているような
感じになっているのですね。
それで直接日光が当たらなくなって、乾燥したら元通りの表
面に戻ったけど、これは何かで覆っておくしか手がないのだ
ろうな。
先日、走行距離が147000キロになった。
3週間ぶりに最近安くなっているハイオクを満タンにしたら
燃費は8キロだった。
004_20200329215201
今のところタイミングベルトが切れるような兆候も無く快適
に走ってくれている。
もっともタイミングベルトが切れる時は兆候などなく1コマ
でも飛べば即エンジンは止まるのだろうけど。
先日87歳の母親が乳がん摘出の手術をして、もう退院して
いるのだけど、その後は水が溜るたびにそれを抜くために、
通院しているという実家に少し遠回りして行ってきた。
006_20200329215301
その帰りにスマホのLife360を起動したら孫の由君がマス釣り
場に居ることがわかったので、そっちに寄ってみることに。
犬山キャンプ場の近くで、Life360によると由君はまだそこに
滞在していることになっている。
007_20200329215301
008_20200329215401
009_20200329215401
実家からはグーグルナビによると15分くらいで、実際その
くらいで到着。
それでやっぱり駐車場には娘のインプレッサがあった。
010_20200329215501
マス釣り場に行くと既に釣ったマスを食べ終わって丁度帰る
ところだった。
「あ、おじいちゃん!」みたいな。
011_20200329215501
私の分も釣ってあって持ち帰りになっていて折角だから焼い
てもらって食べてく?って言われたけどそのまま持ち帰りに。
彼らの食べ終わったマスの残骸(笑)。
012_20200329215601
013_20200329215601
だいぶ肌寒かったのだけどドラム缶の焚火のそばで食べてい
たようでそこだけ暖かかった。
彼らはまた別の所に行く予定だったので、私用のマスを一匹
手渡されて「自分で焼いて食べてね」と。
まあそれで自宅に帰って焼いて食べたのだけど、まあそりゃ
美味いですわな。
何気なくレガシーの運転席に座ってだいぶ使用感が出ている
ステアリングを眺めていて、ふと気が付いたのだけどそこに
は、momoの刻印が!
モモって、あのモモ?
若い頃、免許取り立ての頃、ギャランGTOを乗り回してい
た頃、ステアリングは、モモだのナルディだのとほざいてい
たあのモモ!?
014_20200329215701
へぇ~、レガシーのステアリングはモモステなんだ!と少し
いやだいぶ感動してしまった。
モモのステアリング、略してモモステ?
モモもナルディもイタリアのメーカーで老舗のブランドなの
だけど調べてみたらモモは自動車メーカーへのOEM供給も
しているようなのでスバルが採用していても不思議ではない
のですね。
015_20200329215701
だけど、しっかりキチンと、momoと刻印されているのが
ウレシイのだな。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いします

 

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします

 

 

 

|

« Fukushima 50を | トップページ | 台湾にもう一度 »

レガシー」カテゴリの記事

コメント

私の母親も87歳、猿年です。もしかして御母堂様と同い年でしょうか。
モモステ、やっぱりどこか違いますか。私の場合は、猫に小判ですが。

投稿: 権兵衛 | 2020年3月29日 (日) 23時14分

蛇腹のフタのネバネバはたぶんポリウレタンの加水分解だと思います。
ポリウレタンは水分を吸収してだんだんベタベタしてくるるのですが
表面に塗装するとピカピカしたプラスチックがつや消しになり高級感が出て
弾性もありキズがつきにくく防水性もあるので
様々な車やアパレル、テントやリュックにも使われています。
ただベタベタになり始めると補修は無理でそのままにしていると手やモノに張り付くようになって始末に負えません。
なので剥がすしかないのですが蛇腹のフタが外せれば重曹水に一晩ほど浸けるときれいに剥がせます。
E46のカップホルダーやコンソールの小物入れのフタもこれでベタベタになってきます。

私はレガシーのグランドワゴンに乗っていましたがステアリングにるぱんさんと同じMOMOの彫り込みがありました。なのでこの時代のSUBARUは基本MOMOだったのかも知れませんね。
また安いモデルにはMOMOエンブレムを入れないものもあるそうなので想像以上に広く使われていたのかも知れません。
たしかいすゞのジェミニやビッグホーンイルムシャー、ピアッツァなどにもあったような気がします。

投稿: ORION | 2020年3月30日 (月) 08時50分

★★権兵衛さん

コメントありがとうございます。

>私の母親も87歳、猿年です。もしかして
>御母堂様と同い年でしょうか。

申年、どうやら同い年のようですね。
まだ頭はしっかりしているのですが、腰の骨
が砕けてしまっているらしく痛みが出ること
が多く、不自由しています。
その上、乳がんが見付かって。

>モモステ、やっぱりどこか違いますか。
>私の場合は、猫に小判ですが。

違い?何もわかりませんよ(笑)。
ただ一応モータースポーツで活躍する有名
メーカーというだけで。
でもそれなりに、ノウハウとかが活かされて
いるのでしょうね。
何もわかりませんが(笑)。

投稿: るぱん | 2020年3月30日 (月) 21時38分

★★ORIONさん

コメントありがとうございます。

>蛇腹のフタのネバネバはたぶんポリウレタ
>ンの加水分解だと思います。

かなりお詳しいのですね。
勉強になります。
今のところは乾燥すれば元通りになっている
ようなので放置ですが、どうにもならなくな
ったらこの蛇腹は開けっぱなしにしておくこ
とになるのかなと(笑)。

>この時代のSUBARUは基本MOMOだったのか
>も知れませんね。

レガシーはスバルの旗艦車なようなので当時
は(今も?)だいぶ力を入れていたのでしょ
うか。
でもMOMOの刻印を入れると入れないのと
ではだいぶ印象が違うように思えます。
刻印でMOMOの宣伝にもなるしレガシーの
魅力の一つにもなるしお金がどう動いている
のかわかりませんが、中々いいのじゃないか
と思います。

>たしかいすゞのジェミニやビッグホーンイ
>ルムシャー、ピアッツァなどにもあったよ
>うな気がします。

ピアッツァの前の117クーペなどは何とな
く、ナルディのイメージがあります。
何か、いい時代だったなと懐かしく思えます。

投稿: るぱん | 2020年3月30日 (月) 21時52分

ベタベタは困りものですね。
ジャバラの蓋は、開けっ放しが正解かな?(^^;
Life360というアプリが存在するのですね。
知りませんでした。
家族の位置情報が、わかるという事は、自分の位置が、家族からもわかる!ということでしょうか?
ちょっと、考える・・・かな(笑)
ヨロヨロのステアリング、ビートに付けてました。
何にしても同じハンドルなのでね。
自己満足!!というところ・・・ですよね。(^^;

投稿: hotchocolate | 2020年3月30日 (月) 22時15分

★★hotchocolateさん

コメントありがとうございます。

>Life360というアプリが存在するのですね。
>知りませんでした。
>家族の位置情報が、わかるという事は、自
>分の位置が、家族からもわかる!というこ
>とでしょうか?

このアプリは孫に入れてもらいました(笑)。
バーバラと娘も入れてますが、仰るお通り
登録してある人の位置はバレます(笑)。
バーバラと娘はGPSをオフにしているので
我が家では孫と私だけです。
なので、自分の位置を知られたくなければ、
GPSをオフにし
ておけば大丈夫!(笑)。
切ってると怪しまれますかね(笑)。

でも孫の位置がわかるのは外出した時には
安心感があります。

>ヨロヨロのステアリング、ビートに付け
>てました。

モモステは知ってましたがヨロヨロは初め
て知りました。

>何にしても同じハンドルなのでね。
>自己満足!!というところ・・・ですよね。(^^;

偽物というのも出回っているそうですね。
折れたり曲がったり・・・恐ろしい。
しかし懐かしいというか、ちょっと嬉しい
感じです(笑)。

投稿: るぱん | 2020年3月31日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fukushima 50を | トップページ | 台湾にもう一度 »