« シーサイドサーキットに行ってきた | トップページ | ジャッキーとジョボヴィッチ »

2021年5月18日 (火)

面白い本は寝不足になる だから

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

10日ほど前に、やっと読み終えた。

私には面白いと思えなかったから、頁をめくり進めるのが遅く

て読み始めても数頁で眠くなり。

純文学系というのか、私には難しいのかな。

よく意味もわからなかった。一気に読破すればそれなりに理解

できたのかも知れないのだけど、ちびちびだと、よけいにわか

らなくなってしまうのだな。

Dsc_9093

Dsc_9094

それにしても長かったな。ライフ・アフター・ライフ。

読み終えた頃に新聞の広告欄に、大沢在昌の新刊を発見!

この人の本もほとんど全部読んだと思う。

有名なのは「新宿鮫」シリーズ。

それで孫の由君から買い取らされた図書カードを持って早速

近所の本屋さんに行って購入。

Dsc_9095

Dsc_9096

「悪魔には 悪魔 を」。

これでまたしばらく大丈夫かなと思ったのだけど、最初の頁

から引きずり込まれ、数夜で終わってしまった。

その数日間は寝不足。

面白いのは体に良くないと思ってしまう。

それで純文学ではない、適度に面白くない?のが丁度いいの

だと思ったのだけど、また図書カードを握りしめて本屋さん

に行くと、前から気になっていた本がまだ売れずに残ってい

て目に付いてしまい、どうしようか迷った末に購入。

Dsc_9097

Dsc_9098

「利己的な遺伝子」リチャード・ドーキンス。

「すべての生物は、遺伝子を運ぶための生存機械だ・・・、

科学史に燦然と輝く不朽の名著」とある。

しかし最も惹かれたキャッチが「これを読まずに世界は語れ

ない」っての。

世界を語るつもりはないのだけど。

これなら分厚いし、また当分の間は読んでいられると思うの

です。

更に古本のコーナーで、佐藤優「交渉術」というのが目に

止まる。元、外務省の人で何冊か読んだことがある。

ノンフィクションだから私にはピッタリで、目次に目をやる

と、「神をも論破する説得の技法」「私が体験したハニー

トラップ」「賢いワイロの渡し方」「エリツィンの5段階

解決論」などなど非常に興味深く、これも購入。

Dsc_9099

「利己的な遺伝子」に疲れてきた時に「交渉術」を読むこと

にしようと思う。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

|

« シーサイドサーキットに行ってきた | トップページ | ジャッキーとジョボヴィッチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
読んでらっしゃいますねぇ。
しかし、「ライフ・アフター・ライフ」つまらなそうですねぇ。m(__)m(笑)
国語の教科書のようにも見えるし、コールガールが書いた自分史のようにも見えるし、六法全書のようにも見えます。プッ(^^;
しかし、本は少し寝不足になる位夢中になって読める本がいいですね。
現実逃避できます。(笑)
リチャード・ドーキンス・・・・・なんか、頭痛くなりそう(^^;
スバラシイ!
私にもそういう本を読む日が来るのか・・・・?。
今度おこちゃまな私が読む本は・・・・・
ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」です。(^^;

投稿: hotchocolate | 2021年5月19日 (水) 21時53分

★★HOTCHOCOLATEさん

コメントありがとうございます。

>しかし、本は少し寝不足になる位夢中に
>なって読める本がいいですね。
>現実逃避できます。(笑)

確かにそうですね。
でも怖いんですよね、読んでる最中はいい
のですが読み終えて現実に引き戻された時
が(笑)。
なのですぐにまた夢中になれる本を読む。
そして現実逃避・・・中毒?

>リチャード・ドーキンス・・・・・なん
>か、頭痛くなりそう(^^;

1976年初版で、これは40周年記念版
だそうで、英国史上最も影響力のある科学
書第1位だそうです。

まあ頭痛くなると思うので、その時は予備
に買っておいた「交渉術」で頭を冷やすと
いう作戦です(笑)。

投稿: るぱん | 2021年5月20日 (木) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーサイドサーキットに行ってきた | トップページ | ジャッキーとジョボヴィッチ »