« レガシー 新穂高ツーリング | トップページ | 入院中に罪と罰 »

2021年8月28日 (土)

斜陽から罪と罰へ

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

フランクルの「夜と霧」ドイツ強制収容所の体験記録を読み

終えた。前半は収容所内での生々しい悲惨な描写だったのだ

けど中盤から著者が精神科医であり心理学者でもあることか

ら収容所内での心理的、あるいは哲学的な分析のお話になり

なるほどと思うところもあり少し自分自身の考え方にも考え

直すべき部分もあった。

さて、次の私の「死ぬまでに読むべき本」なのだけど洋物を

読んだので次は和物でということで、太宰治の「斜陽」。

Dsc_9115-1

戦後の動乱の時代を生きる4人のそれぞれの生き様というか、

死にざまもあるのだけど、滅びの美しさを描いた太宰治のベ

ストセラーになった代表作ということで読んでみた。

これについても、死ぬまでに読んでおいて良かったかなと、

思えるもので、この人の作品はほかにも読んでみようかな?

と少し思った。

和物の後は洋物にしようと、ちょっと大作に挑戦。

Dscn4065

ドストエフスキーの「罪と罰」上下。

まだ読み始めなのだけど、登場人物の名前が何とかスキーや

何とかニコフ、カテリーナ・イワーノヴナ?だの欧米系じゃ

ないので誰が誰やら。

読み進めるうちに少しづつ、何となくわかってくるのだけど

その名前を覚えるまでにはいたっていないのだな。

関係ないけれど、私の「死ぬまでに食べたい〇〇」の一つに

「シシャモのお刺身」がリストアップしてある。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

|

« レガシー 新穂高ツーリング | トップページ | 入院中に罪と罰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ドフトエフスキーですか。
るぱんさんが老人と海を読んでいらっしゃるとき、私も罪と罰を手にしたんですけど、その厚みと上下巻に気圧されて、私も老人と海を購入、読んだところでした。
私にはも少し、時間がある・・・かも知れないと思いましたから。ワラ
今読んでるやつの次は決めてますので、次は太宰、読んでみます。

投稿: hotchocolate | 2021年8月29日 (日) 19時45分

★★HOTCHOCOLATEさん

コメントありがとうございます。

罪と罰はメルカリで入手したので手に取っ
てみて、こりゃしばらくかかるなって思い
ました。上下だし。

老人と海、読まれたんですね。
それで次の次は太宰ですか。

罪と罰が長くなりそうなので、私はまだ
次を考えていませんが、死ぬまでシリーズ
の路線でいく予定です。

和洋、交互にきているので次は和かなと。

しかし死ぬまでシリーズは、娯楽物とは
少し違って、読み終えて「あー面白かっ
た!」っていう感じではないですね。
そう思うのは、まだまだ未熟?

投稿: るぱん | 2021年8月29日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レガシー 新穂高ツーリング | トップページ | 入院中に罪と罰 »