« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月25日 (土)

青空のむこう

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

入院中にドストエフスキーの罪と罰(上下巻)を読み終えて、

退院してから早速次の本を発注し届いたのが「青空のむこう」。

中古品だけど、単行本なので文字も大きいし読みやすい。

読み始めて思ったのだけど、これは「童話」?

Dscn4096

著者はアレックス・シアラーで、大人向け、こども向けの小説

を多数発表しているイギリスの作家なんだと。

ハリーという少年がある日突然交通事故で死んでしまい気が付

いたのは「死者の国」に着いて受付の行列に並んでから。

だけどどうしてもやり残した事があって、規則を破って「生者

の国」へ戻り幽霊として何とかそれを果たそうとするお話。

色々と考えされられましたな。読んで良かったと思う。

数日で読み終えてしまったので、またまた中古本を発注した。

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」。

Dscn4097

これも単行本。SFらしい。テレビドラマでもやったらしいの

だけどまったく知らなかった。

それにしてもいくら中古本とはいえ、次から次へと読み漁るの

もいいのだけど、少し面倒なのでそろそろ長編小説なんかがい

いかなと。

死ぬまでに読んでおきたいどころか、死ぬまでに読み切れるか

なっていう気もするのだけど。

「白鯨」とか「カラマーゾフの兄弟」とかはどうだろうか。

あんまり長すぎて途中で挫折する人もいるとか。

だけど、上下巻とか上中下巻とかになっているのしか見付から

い。私的にはいくら分厚くなっても1冊になってるのがいいの

だけど。

存在してないのなら仕方ないけど、探してみようと思う。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2021年9月20日 (月)

レガシー クーラントが減る減る

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

1ヶ月以上前にレガシーのクーラントが減っているのに気付き

補充したのだけど、1週間ほど前にサブタンクを見て見たら、

Louラインを割ってる?

前回のように噴射したような跡はないのだけど。

Dscn4074

Dscn4075

それで前回の残りのクーラント約1リットルを追加補充した。

Dscn4080

それから約30キロほど走行して実家に到着して再度点検して

みたらFullとLouの間くらいまで減っていたのでホームセンター

に行ってクーラントを新たに調達。

その時に「もれ止め入りクーラント」というのを見付けた。

さび止め入りなんだと。

それで普通のクーラント2リットルともれ止め入り2リットル

を購入し早速もれ止め入りクーラントを補充した。

Dscn4088

Fullラインの上から15㎜くらい上まで入れて少しのエンジンを

かけたままにしたのだけど減らない。

エンジンを切って1時間ほど放置して再度見たらFullラインを

下回っている。再度補充。

自宅に戻って翌朝見たら、Fullライン丁度くらいまで減ってる。

減り具合がやや少ないけど補充。

それで勤め先でお昼に見たら、FullラインとLouラインの間くら

いまで減っている。再度補充。

Dscn4090

Dscn4091

帰宅時に見たら減っていない。Fullラインの上15㎜くらいのと

ころのまま。

一番最初にLouラインを切っているのを発見してから入れた

クーラントは合計で2リットルと、さび止め入りが0.5リッ

トルくらい。

もしかすると、いいように考えるとだけど、サーモスタットが

閉じてる時に補充して、その後開いて減る、そして補充したけ

どまた閉じた状態で満タンには入ってない。徐々に補充して、

だんだん満タンに近づいてきたのでは?と楽観的なのだな。

放置していて減るのに下に漏れた形跡はないし。

かと言って下のホースにも飛散した形跡はあると言えばあるの

だけど。

最悪の場合はラジエター及びホース類にサーモスタットの交換

を覚悟しておかないといけない。

エンジンカバーを止めている4ヶ所のクリップのうち3個が

無くなっていて1ヶ所だけで留まっていたので、これもホーム

センターで調達してキチンと留めておいた。

Dscn4084

Dscn4085

Dscn4086

Dscn4087

Dscn4089

クーラントの減りが治まってくれないと、長距離ツーリング

は心配で行けないから、それほど楽観的でもいられない。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

| | コメント (4)

2021年9月 9日 (木)

入院中に罪と罰

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

突然痛み出した。夜になっても治まらないのでロキソニンを

服用したのだけど中々効いてこなかった。

深夜になって少しはましになったのだけど、翌朝にはまた痛み

が酷くなり病院へ。

Img20210908124415

すぐに処置室に入れてもらって採血と点滴。点滴には鎮痛剤を

入れてもらってしばらくすると痛みは和らいだ。

そのままCT検査。そして炎症がひどいという事で即入院。

レントゲンやら心電図などの検査と、コロナの検査。陽性だと

入院出来ないとか何とかで。

コロナは陰性ということで入院。鎮痛剤が効いているうちに自宅

に戻って着替えやら何やら・・・入院セットを準備して、病院へ

は娘に送ってもらった。

絶食と普通の?点滴と、抗生剤の点滴。

痛みが出るので翌日までの間に3回ほど鎮痛剤も点滴してもらい

2日目の夜くらいから痛みの苦しさからは何とか解放された。

Img20210908064925

それでようやく持参してきた入院セットに入れてきた、長編の

ドストエフスキーの「罪と罰」上下巻を読み始める。

罪と罰(上巻)改版 (新潮文庫) [ フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス ]

罪と罰(下巻)改版 (新潮文庫) [ フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス ]

上巻は4分の1ほど読んでいたのだけど、一気に読み進めると

中々誰が誰やらわからなかった登場人物がわかってきた。

ラスコリーニコフが主人公なのだけど正式な名前が別にあって

他の登場人物にもそれがあるからややこしい。本名と通称みた

いな感じで。

消灯時間は9時なのだけど、前回と違って看護師にもよるのだ

けど中々厳しくなっていて深夜まで読み続ける事は出来ない。

それでも6日目に上下とも読破した。読み始めたのは入院して

から3日目の夕方からだったけど。

主人公が老婆と偶然居合わせた老婆の妹を殺害してしまう辺り

はそうとうドキドキしてしまった。それからは哲学論なのか、

新理論なのか推理物なのか宗教的なものなのか延々と続くのだ

けど途中から登場してくるソーニャという女性が最後には主人

公なのじゃないかと思えるくらい存在感があった。

でまあ体の方は痛みは無くなってはいるものの血液検査で炎症

が治まってこないと退院出来ないのだけど、テレビは見ないし

読む本が無くなってしまい移動方法と行動範囲が車椅子が解除

され病棟だけじゃなく院内になったので1階のコンビニに行き

少ない文庫本のコーナーに点滴スタンドを杖代わりにして物色。

中々読みたそうな興味を惹かれる本は見当たらなかったのだけ

ど、前回だったか入院した時に2冊ほど買って読んだ痛快物の

「白バイガール」を見付けた。

これは読み切り連載みたいになシリーズ物になってるのだけど、

サブタイトルは「フルスロットル」で6作目の完結編となって

いた。前回読んだのは何だったのだろう?もしかして重複して

いるといけないので急いで自分のブログで確認したら、前回は

「最高速アタックの罠」と「爆走!五輪大作戦」だったので、

安心して購入した。

「罪と罰」とは違って読みやすくて痛快で、あんまり考えずに

スイスイ読めて面白いのですね。

読書は気分転換とか息抜きとかにもなると思っていたのだけど、

読書の合間の読書?

少し小難しい系の読書の間の気分転換、息抜きになるのだな。

それにしても持病のところの炎症による痛みの再発は何だった

のだろう。モデルナ1回目接種の4日目だったけど副反応とい

うことはないのかな。先生に聞いても多分断定は出来ないだろ

うから聞かなかった。2回目の接種後が怖い。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

| | コメント (4)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »