« レガシー クーラントが減る減る | トップページ | レガシー やっぱりラジエターから漏れてた »

2021年9月25日 (土)

青空のむこう

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

入院中にドストエフスキーの罪と罰(上下巻)を読み終えて、

退院してから早速次の本を発注し届いたのが「青空のむこう」。

中古品だけど、単行本なので文字も大きいし読みやすい。

読み始めて思ったのだけど、これは「童話」?

Dscn4096

著者はアレックス・シアラーで、大人向け、こども向けの小説

を多数発表しているイギリスの作家なんだと。

ハリーという少年がある日突然交通事故で死んでしまい気が付

いたのは「死者の国」に着いて受付の行列に並んでから。

だけどどうしてもやり残した事があって、規則を破って「生者

の国」へ戻り幽霊として何とかそれを果たそうとするお話。

色々と考えされられましたな。読んで良かったと思う。

数日で読み終えてしまったので、またまた中古本を発注した。

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」。

Dscn4097

これも単行本。SFらしい。テレビドラマでもやったらしいの

だけどまったく知らなかった。

それにしてもいくら中古本とはいえ、次から次へと読み漁るの

もいいのだけど、少し面倒なのでそろそろ長編小説なんかがい

いかなと。

死ぬまでに読んでおきたいどころか、死ぬまでに読み切れるか

なっていう気もするのだけど。

「白鯨」とか「カラマーゾフの兄弟」とかはどうだろうか。

あんまり長すぎて途中で挫折する人もいるとか。

だけど、上下巻とか上中下巻とかになっているのしか見付から

い。私的にはいくら分厚くなっても1冊になってるのがいいの

だけど。

存在してないのなら仕方ないけど、探してみようと思う。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

|

« レガシー クーラントが減る減る | トップページ | レガシー やっぱりラジエターから漏れてた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

洋モノ読んでますねぇ(^^;
ただ、洋モノは難しい。
読む年代によっても読めるものと読めないものがあるみたいです。
サンテグジュペリの「星の王子さま」は、一応最後まで読みました。
ルイスキャロルの「不思議な国のアリス」は、最後まで読めず・・・・
(歳喰ってるからか、想像力がなくて面白くない(笑))
フランツカフカの「変身」は読みましたが、「変身」と一緒に掲載されている「ある戦いの描写」は、最初の数ページを読んで書棚に仕舞い込みました。(^^;
ま、和物も同じですけどね。(笑)
>だけど、上下巻とか上中下巻とかになっているのしか見付からない。
>私的にはいくら分厚くなっても1冊になってるのがいいのだけど。
探せばあるのかも知れませんね。
この前読み直した高野和明「ジェノサイド」は、単行本は1冊、文庫本は上下巻2冊でした。
でも、逆にそういうのも珍しいかも知れません。
っていうか、当時の単行本は1冊だったかも知れませんけど、版を進めた現在では、文庫本用の版しか残っていなくて2冊かも知れませんね。

投稿: hotchocolate | 2021年9月27日 (月) 20時29分

★★HOTCHOCOLATEさん

コメントありがとうございます。

>当時の単行本は1冊だったかも知れませ
>ん

私もそう思いました。そうすると新刊で出
たものなら長編を1冊で手に入れることが
出来かもですよね。

もしかするとあんまり長編だと出版社側に
も製作上の何か問題もあるのかもです。
小説ではないですが、ホモサピエンス何と
かという本に興味があったのですが、それ
も上下の2巻にわかれてましたし。
これは近年の本なのにですよ。
1冊物だったら買ってたと思いますが。

定番の文学ものじゃなくてもいいので今度
本屋さんで見てみようかなと思います。

ところで「白鯨」を読んだ方で若い時に読
んだ時はさっぱりわからなかったのだけど
速読?を身に着けて30代になって読んだ
らとてもよくわかったというのを目にしま
した。
速読だとストーリーがわきにそれても早く
読めるから全体像がつかめるのかも知れま
せん。

速読法かあ、よーし私も、と思っただけで
半信半疑で何もしてませんが。

でもそれが出来たら、もっともっと沢山の
本を生きてるうちに読めるんですよね!

投稿: るぱん | 2021年9月27日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レガシー クーラントが減る減る | トップページ | レガシー やっぱりラジエターから漏れてた »