映画・テレビ

2018年5月 6日 (日)

レッドスパローとアンロック観てきた

01
GWは実家以外どこにも出掛けることなく、体力的?疲労回復
に専念したのでありました。
 
公開前から気になっていた映画「レッドスパロー」を観に行く
かどうか迷っていたのだけど、やっぱり観てきました。
 
ロシアの女スパイもの。
 
基本的にハニートラップを武器にしているのだけど、いままで
いろんなスパイ映画があるけど、なかなかそのスパイ養成学校?
での訓練、特訓みたいなシーンが少ないのですね。
 
アルパチーノの「リクルート」とか最近では「キングスマン」
で、スパイ訓練の様子が描かれているのはありますが。
 
まあその辺りを楽しみに観たのですが、さすがにハニートラッ
プ専門学校?ってこともあるし、実践での拷問シーンとかが、
思わず目を背けたくなる(実際横目で見ました)描写があって
R15指定(15歳未満は観覧禁止)です。
 
だけど、ジェニファーローレンスだったら騙されない野郎が
いるのだろうか?って。
 
オレは騙されないけどね。そもそも仕掛けてくる理由がどこに
も無いし(笑)。
 
とにかく、「気を付けましょう甘い言葉と・・・」って
ところでしょうか。
 
それはともかく、映画が始まる直前まで隣の席の人がスマホを
見てて、実際には見てなくて手でスクロールを繰り返してはい
るのだけど目はスクリーンを見てる。
 
まだコマーシャルだけど映画が始まってもこのままだとスマホ
の灯りがかなり迷惑。
 
コマーシャルとはいえ気になってしまうのです。
 
ところがさすがにコマーシャルが終わって、照明が消え本編が
始まろうとしたら、そいつはスマホを切って鞄にしまったので
ホットしたのですね。
 
実際、もし切らなかったら注意すべきかどうか、注意して逆切
れされたりしたら・・・とか少し考えていたので。
 
しかし上映中に、そいつのスマホの着信音が鳴り出したのです。
ガサガサと鞄からスマホをさぐるとその灯りが目に入ってきた。
 
この野郎!と思ったら右隣のオッサンの携帯も鳴り出した。
 
コイツらー! まず左隣の野郎の顔面に左肘で一発、右隣のオッ
サンにも同様に右肘で一撃。
 
ついでに二人のスマホを取り上げ、右足で踏み割ってやった。
 
二人とも鼻と口から流れ落ちる血を手で押さえて前かがみにな
ったまま動かなくなり・・・、というような事態になったら
ボクはブタ箱行きになるのでしょうね(笑)。
 
とにかくカワイイ、ジェニファーが非情の女豹と化す残酷な
スパイ人生を描いた映画だったのではありました。
 
ボクには少し残酷的過ぎたので翌々日、口直しにこちらも女物
のスパイ映画「アンロック」を観たのであります。
 
少し予習したら、なんとこっちの女主人公もCIAの尋問官
なのですね。
 
おいおいまた尋問で拷問か?と思ったけど、こっちはキチンと
精神的?温情的?なやり方だったので救われました(笑)。
 
但しやっぱり沢山人が殺されます。
 
だた残酷的でなく見られるのは、銃で瞬時に撃ち殺されるから
悪いヤツは撃ち殺されろ!みたいな感じで見てられます(笑)。
 
一応、PG12指定(小学生の観覧には親又は保護者の助言及
び指導が必要)ですが。
 
それほど尋問がメインではなくて、その女尋問官のハラハラ、
ドキドキのアクションと頭脳プレーで事件を解決していくとい
う、まあ一般的なエンターテインメント・ストーリでしょうか。
 
 
ですが、平和ボケしないよう警告目的でテロを起こそうとする
動機も考えさせられてしまうのですね。
 
この映画は、マナーの悪い観覧者が居なくて血を見ることもなく
リラックスして観ることができました(笑)。
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

最近観た映画3本

昨年12月初めに観た映画は「ジャスティスリーグ」。
 
ボクがどうしてDCコミックのヒーローが集結した映画を
観ようと思ったのかよく思い出せないのだけど、多分予告編
でワンダーウーマンが剣を振り回して悪党をやっつけている
シーンに魅かれたのではないかと思うのだな。
基本的にアメコミの映画はあまり興味が無かったのだけど。
 
01
 
ついでにバットマンも出てるし。(バットマンは好きです)
 
3分の2くらいは、まあ楽しめればいいや、くらいの気持ち
だったのだけど、結構マジメに楽しめてしまったのですね。
 
ヒーロー達はそれぞれ自分にしかない能力を発揮してみんな
で力を合わせて悪党をやっつけていくのです。
 
だからスーパーマンは本当に無敵で何でも出来てしまうので
ボクはあまり好きにはなれなかった。
 
バットマンを除く5人は、人間のようで人間ではない超人?
であるからワンダーウーマンなどはブーツは履いているもの
のミニスカート?でノースリーブなお肌むき出しコスチュー
ムで戦うのだけど、バットマンは人間だから全身完全武装し
ていて頼もしいのだ。
 
アメリカ映画 120分。
 
続いて12月末には恒例化した「スター・ウォーズ/最後のジ
ェダイ」。
 
02
 
03
 
しかしまあカイロ・レンってヤツは、かなり頭の悪いどうしよ
うもない、わがまま・やんちゃ坊主で腹が立った(笑)。
 
最後のジェダイと言うものだから、ジェダイはこれで終わって
しまうのかと思ったけどキチンとレイという娘さんが引き継い
でいくようで安心したのだな。
 
それと、ヨーダが登場したのには感動的に嬉しかった。
 
アメリカ映画 152分(←長い過ぎるわ)。
 
さて2018年、新年を迎えて1月5日公開の楽しみにしてい
た「キングスマン ゴールデン・サークル」。
 
04
 
これも予告編で、どうやらスパイアクションもので面白そうだ
ったので観たのだけど、直前にこれは2作目でその続編にあた
るということがわかった。
 
内容で明らかに007を意識しているようで、そういうところ
も面白い。
 
だけど007やミッション・インポッシブルのようなリアルさ、
現実味には少し欠けている、というよりは超越しているのだけ
ど、そこがまたエンターテインメント的に楽しめるのですね。
 
人の頭が爆薬でぶっ飛んでも、それは「ランボー4 最後の戦
場」のような血生臭い目を背けたくような描写にはなってなく
て、花火が上がるようなゲーム映像的な描写になってました。
 
一応、レイティングは、PG12になってます。
 
05
 
007やミッションインポッシブルのようにどこかの国や政府の
制約を受けない完全な個人自営業な組織なのだけど莫大な資金に
ものを言わせてるのも何でもあり的でいいのです。
 
そうそうマトリックスみたいなアクション映像も楽しめた。
 
イギリス映画 141分。PG12。
 
120分を基準にすると長い映画だけど、こいつはそれを長い
と思わせないくらい楽しめる映画だった。
 
観終わって気になっていた1作目を観たくなり、帰りにDVDを
調達して早速自宅で見てしまった。
 
続きになっているのはよく理解できたのだけど、最初に2作目を
観ても全然問題ないし、そういう見方もいいかも知れないと思う
のですね。
 
とにかく、1作目も2作目に負けないくらい楽しめたのだな。
 
そうそう1作目に、ルーク・スカイウォーカーのマーク・ハミル
が大学教授役で出てたのはサプライズだった。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

映画バリー・シール観たけど

8月に久々にトムクルーズの映画「ザ・マミー」を観に行った
のですが、それはそれで楽しめました。
 
でもトムクルーズじゃなかったら、どうなんだろう、みたいな。
 
01
 
往年のモンスター映画「ドラキュラ」「フランケンシュタイン」
「狼男」・・・の一連である「ミイラ再生」がアクション・アド
ベンチャーとして生まれ変わったもので、特にこの作品では古代
エジプトのミイラを発掘・・・なんていうのにも興味があったし
トムクルーズっていうところもあって楽しみにしていました。
 
インディージョーンズ的かなとも期待して。
 
 
ところが楽しめたものの、公開予定作品のコマーシャルが冒頭
にあるのですが、「CIAと麻薬王を手玉に取り、全米をはめた
クライムエンターテインメント」とか言ってトムクルーズが、
プロペラ機(セスナ?)で住宅地に強引に着陸しちゃったりす
る映像を見て、こっちの方が絶対に面白そうじゃないか!って。
 
 
早く見たいにも2ヶ月後の10月21日公開。
 
 
待ちに待って公開日に見に行った先週の土曜。
 
02
 
これは実話を映画化したもので、ある程度歴史的背景みたいな
面白さはあるものの、実話だけあって「主人公の生涯」なので
プロセスはどうあれ終わってしまうお話なのですね。
 
 
それも予告編だけど、物語がある程度だけど想像がついてしま
って観ながら、あ~、そういうことね。と。
 
 
まあこれもトムのフライトアクション(実際に操縦しているら
しい)とか楽しめたのですが、観終わった感想は・・・。
 
 
う~ん・・・。楽しみにしていた割りには何となくイマイチ。
 
 
もちろんトムクルーズファンにはたまらないのでしょうけど、
これも、もしトムクルーズじゃなかったら・・・。
 
 
実はこの映画のチケットをネット予約する際に、もう1つ目に
止まった映画があって、それは「アトミック・ブロンド」。
 
 
007の女性版で、もちろん007と言うからにはイギリス
情報部MI6所属の女スパイ映画。
 
 
この女スパイ(主人公)は、マッドマックス怒りのデスロード
の女戦士フュリオサを演じたシャーリーズ・セロンなのだけど
マッドマックスの時は丸坊主頭だったのが、今回は無造作に
ブロンドヘアーをなびかせていかにも女性的な容姿なのだけど
クールで強靭な体と精神力で任務に望むという役どころ。
 
 
それで、あら?こっちの方が面白そうかも?なんて思いつつ、
「バリーシール」を観たわけで、こっちも気になって仕方なく。
 
 
それで2週連続ですが観てきました。
 
03
 
期待に胸を膨らませてワクワクしながらいつもの席で一人ポッ
プコーンを頬張る中、いきなり生々しく痛々しいシーンから
始まり・・・。(R15+)
 
 
時代は1989年秋、ベルリンの壁崩壊の前後。なのでこちら
もバリーシール同様歴史的背景も楽しめます。
 
 
で、最高だったのが途中で気付いたのですが、バトルアクション
シーンなのですね。
 
 
殴られたり蹴られたり撃たれたりすると、普通カットがあって、
やられた人の状況やらアングルが切り替わるのですが、観てた
ら何やらどんどん続いてる。カメラが追ったり先回りしたりし
ていて役者は、休む暇なく延々と過酷なアクションをこなして
いるのですね。
 
 
7分半のノーカット、ワンアクション。
 
 
撃ちあい殴りあいはともかく、カーアクションなどはカメラが
360度車内で周ってるの。これどうやって?
 
 
NG出したら、最初からやん!なんて要らない心配も手伝って
もう映画のストーリーも観ながら撮影側の大変さも観なきゃい
けなくて大変でした(笑)。
 
04
 
で最後の最後まで誰が敵で誰が見方かわからなくて、どんでん
返しの連続で、最後にホットして、あ~スッキリ、みたいな。
 
そうそう、共演のフランスの女性スパイ役が、どっかで見た顔
だなと思ったら、「ザ・マミー」の蘇った悪魔のミイラを演じた、
ソフィア・ブテラでした。
 
でもこの役では、まったく凶暴なイメージはなく、助けてあげたい
くらいで駆け出しの不安だらけのスパイだったのですね。
 
 
まあこれで、年末の「スターウォーズ」まで映画観なくて済みそう
です(笑)。
 
 
いや~、映画って本当にいいものですね!(笑)。
 
 

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

スターウォーズ ローグワン

昨年に引続き今年もスターウォーズを見てきました。
 
もし毎年12月に公開されるのであれば、この行事
は恒例になるのではないかと思われます。
 
01_2
 
上映時間は、134分でした。
 
最初からすっかり飲み込まれてしまうので、あっと
言う間で楽しめました。
 
ラストシーンで、な~るほどね、と思ったし。
 
スターウォーズなのだけど、ミッションインポッシ
ブル的な感じがしないでもなく。
 
それはそれで全然ストーリー的にまったく問題なく
わかりやすくていいのですね。
 
このミッションのローグワンというチームが、そのよ
うに感じさせてしまうのかも知れません。
 
だけどそのチームが・・・、おっとネタバレになるの
でこのくらいにしておきます(笑)。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

エヴェレスト 神々の山嶺を観てきました。

エアポートウォーク名古屋 ミッドランドシネマの
メンバーズカードにポイントが貯まっているのだけど、
このカードが3月末をもってサービスが終了します。
残っているポイントを今月中に使わないと無効になる
ってことで「エヴェレスト 神々の山嶺」を観てきました。
01
「ザ・ブリザード」と「オデッセイ」、それから既に観た
「スターウォーズ」をもう一度観るか迷った末に久しぶり
に邦画を観てみようか? エヴェレストの映像にも興味が
あり、それにしました。
最大の目的であるポイントの消化は、鑑賞無料といつもの
ポップコーンとソフトドリンクが無料となり、まだ300
ポイントほど残っていたのですが、ほぼ達成です。
でも観て良かったです。
登山家の物語なのですが、これを観終わってボクも登山家に
なることにしました(ウソです)。
この映画では「なぜ山に登るのか?」の問いに対して、
「そこに山があるから」ではないのですね。
劇場版「あしたのジョー」のセリフに通じるものがあります。
なぜ廃人寸前のジョーがリングに上がるのか?
「もうポンコツだからとか、勝ち目があるとか無いとか、
そういうことじゃない」
人それぞれ色々あります。「どーしてそんなことするの?」
他人から見れば無駄でメリットもなく面白くも何ともない事。
ただバカじゃないの?ってな(笑)。
でも、それに対して答えは?
自分でもわからないこともありますよね。
多分、ですが、やりたいから、好きだから?
答えがあるからやるんじゃなくて・・・。
だから答えられないようなこともあると思うのですね。
その人によっては、それをすることによってとてつもない
充実感や満足感があったり爽快感ってもあるかも知れません。
それを他人から「何で?」って。
早い話が「勝手やろ!」ってなことになる?(笑)。
もちろん迷惑をかけたりするとか他人に不快感を与えたり
するような事は出来るだけ避けた方がいいのかも知れませんが。
でも法に触れなければ自由ではないのかな?
02
とにかく阿部寛演じる伝説のクライマー役には強靭な肉体と
その精神力にも感動しましたね。
ただ一つの目標に集中する。やりたい事は一つ!ってなわけに
はいきません。現実は。
あれもこれもあるのですね。
だけど、ある程度は励みになりました。
よぉ~し、ボクも!と思って映画館を出たのですが、ボクって
本当は何をしたいんだろう?ってな感じで(笑)。
03
これも原作があるので読んでみたいと思いました。
ボクのしたい事・・・読書?

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

あぶ刑事 さよならパーティー

1986年にテレビドラマでスタートした「あぶない刑事」。

映画としては7作目で、そして打ち止めになるそうで映画の

タイトルも「さらばあぶない刑事」。

念のために?1月30日公開初日の最後の時間で観てきました。

ネット予約の画面上ではだいぶ空席があったので、言うほどの

人気ではないのかなと思ったのですが実際にはほぼ席は埋まって

ました。当日券の方もいらっしゃいますからね。

01

映画の内容・・・あぶ刑事ですからね。シリアス度はあまり考え

て観てはいけません(笑)。

何でもありです。実際には有り得ない余分な状況もいつものように

たっぷりあります(笑)。

一応ストーリー的には、つじつまは何とか合います。

この映画を観にきている人は、ストーリーやシリアス度などは

どーでもよくて、舘ひろし、柴田恭平、仲村トオル・・・などの

オリジナル・レギュラーメンバーでのドンちゃんバカさわぎが見た

いわけで一つ一つのシーンで一人一人のパフォーマンスがきちんと

観られればいいのじゃないかなと思うのですね。

もちろんボクも含めて。

名曲?「ランニング・ショット」が流れ始めた時には、やっぱり

嬉しかったりしましたから(笑)。

そして役者本人も定年の年齢だし映画設定でも定年4日前。

やはり皆さんお歳をとられましたね。もちろん同様にボクも(笑)。

レギュラーメンバーの中には設定上既に定年退職して、それぞれ

お店を出していたりするのも時の流れを感じたりしました。

なので終わってみれば、「あぶない刑事さよならパーティー」的な

印象でした。もちろんボク的にですが。

驚いたのは映画本編が終了しクレジットロールが流れ始めても誰一人

として席を立たないことでした。

クレジットと同時に過去の映像が映し出されていたことも影響して

いると思うのですが。こういう事はジャッキー・チェンの映画で

NGシーンが流れていたりすると最後まで観る人がほとんどです。

ただのクレジットロールだけだと大部分の人が本編終了後すぐに

席を立ちますね。

ボクは何であろうと最後まで席を立たない派です(笑)。

この映画、ボクは好きなので観に行きましたが、DVDでも充分に

楽しめるのレベルだとは思いました。中にはスクリーンじゃないと

迫力が半減してしまう映画もあると思うのですが、あぶ刑事は半減

はしないのではないか?という意味です。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

007 スペクター観てきました

正月休み4日の夜、観に行きたいのだけどどうしようか

迷っていた「007 スペクター」を観てきました。

01

この休み中は、夜更かしはするわ酒は飲むわ当然起床は

遅くなるわ昼間は眠たいはのダラダラ生活リズムとなり、

映画を観に行くにも腰が重くなり、まぁいいや明日にし

ようかなどとズルズルしている間に行かずじまいで終わ

ってしまいそうだったので3日の夕方、いつものように

ネットでチケット購入したのでした。

これなら払い戻しは出来ないので何が何でも行くしかない

状況に追い込まれますね。

やっぱりボクは追い込まれないとヤレないタイプだったの

だっていうのをようやくこの歳になって理解してきたので

あります(笑)。

まず己を知る所から始めないといけないのですね。

エアポートウォーク名古屋まではクルマで約20分。

前回スターウォーズを観たばかりなので、ネット購入の

チケットを出す機械の操作は手慣れたものでした(笑)。

我ながらそういう巷の電子的な機器を慣れた手付きで操作

出来るのは嬉しかったりするのですね。

いかにそういう機器の操作にウトイかってことなのですが。

イーサン・ハントやジェームズ・ボンドはそういうのを

いつもパッパッパと操作してますけどボクはそのようには

出来ないのですね。

「どこどこ?」「ありゃ?」などとメガネを額に押し上げて

覗き込みながら操作する姿は年老いたハリー・キャラハン刑事

の名台詞「泣けるぜ」となってしまいます。

そんなこんなで上映開始!

いやー、ハラハラ、ドキドキの連続で楽しめましたね。

02

だけど強過ぎるなぁ・・・。

ほとんど人間じゃないみたいな・・・ぼぼターミネーター?

だってどうしたって何されたって動じませんもの。

ドリルにはまいった。縮み上がりましたね、観てて。

おいおい、ドリルすんのかい!って(笑)。

そう言えばあの娘役、どっかで見たことあるな?と思ったら

ミッションインポッシブル・ゴーストプロトコルの悪役を

演じてたと気が付いて、そのイメージからか最後まで本当は

悪い女なのじゃないかと疑ってしまってました(笑)。

さて映画も終了し駐車場からE46で帰宅するのですが、

もう気分はジェームズ・ボンド、無敵です(笑)。

もちろん夜道なので暗くよく見えないのでトロトロ安全

運転なのですが気持ちの中ではE46がアストン・マーチン

になっちゃってるのですよね(笑)。

03

気持ちの切り替えってのもずいぶん上手に出来るようにな

ってきたなぁ、と思うのですね(笑)。

笑って過ごしても一生(一日)怒って過ごしても一生(一日)。

どーせ過ごすのなら不愉快に過ごしたくはないですよね。

だけど難しいのは不愉快にさせられた時の対処。

そして自分だけでなく人を不愉快にさせないための言動と行動。

しかしダニエル・クレイグの007シリーズはその役柄的なもの

からか従来のシリーズのような笑顔とかユーモアが少ないような

気がしないでもない気がしました。

とにかくこれでお正月休みもおしまいです。感謝です。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

シークレットブーツ? ミッション・インポッシブル

ミッションインポッシブル公開日の翌日の土曜に、事前に

チケットを購入し、いざって時に急きょ行けなくなる羽目

になり払い戻しとか出来ないチケットを、あちらとこちら

に連絡を取り結局、弟に貰ってもらいました。

そして、お盆休み最終日、観てきました!

ミッションインポッシブル ローグ・ネイション。

01

CMでおなじみの、A400軍用機のドアに外からつかまる

アクションが冒頭から始まり、やる気満々!(笑)。

ここで気になったのが、トム・クルーズのシューズ。

シークレット・ブーツという噂はどうなんだろ?って(笑)。

02

03

それはともかく、レベッカ・ファーガソン。M:I-3とか

ゴーストプロトコルで出ていた、イーサン・ハントの奥さん役

のミシェル・モナハンと見間違えました。

なので、どーなる!このストーリー?って(笑)。

だって、奥さんがスパイになってる?って勘違いですから。

観られた方、この二人似てると思われませんでしたか?

似てないか・・・。

とにかく、最高に楽しめるアクション映画でした。

さて、この日でお盆休みも終わりです。

夕方になって、娘が「お父さん、お寿司食べに行こうよ!」

って、もちろん回転寿司ですが。

さほど食べたい気もしなかったのですが、折角なので。

初めて行く回転寿司でした。

北部市場の近所にある、すし市場。

04

「美味しいんだよ」と娘。

かみさん方の父親に連れていってもらった事があるとかで。

人気があるようで、ずいぶんと待ちました。

だけどお店の作りとしては、昔ながらの回転寿司でグルリ

とカウンターが一周してるのと、レールに隣接している

テーブルが3、4テーブルあるだけです。

05

06

カウンター席は比較的早く順番が回ってくるのですが、

テーブル席は中々空きません。

ようやく順番が来て、「お父さん、ほら大トロ」だの

中トロだの言われて、注文したりして食べました。

確かに美味いしかったですね。

壁に掛けてあるメニュー、お皿の色と値段、そいつに

ふと目をやり見ると、先ほど食べたのが、2千円以上!

2皿目に食べたのが、1250円!

何だか味がわからなくなってきました(笑)。

写真撮る余裕もありませんでした。

こうして、お盆休みは終了したのでありました。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

新起動

「ターミネーター ジェニシス 新起動」を見てきました。

エアポートウオーク名古屋にある、ミッドランドシネマです。

朝イチの上映を選択したので駐車場は屋根の下に停めること

が出来ました。もちろんるぱん式で(笑)。

01

マッドマックス同様、今回もポイントを使用してタダで観られ

ました。

いつの間にかクセになってしまった、Aセットを購入して席に

着きます。

「Aセットの塩味、コーラは氷無しでお願いします」って(笑)。

02

スカイネット側のターミネーター、T-800モデル101型

とジョン・コナー側の再プログラムされた、同型モデルとの

戦いは、もちろんどちらもシュワルツネッガー。

だけど、サラコナーを守るモデルはアップグレードしていて、

表面的な部分は老化していくのですね。これが必要かどうか。

現在のシュワルツネッガーが演じる上では、必要な設定だった

のでしょうね(笑)。

03

04

カイル・リース役の、ジェイ・コートニー、どっかで見たこと

あるなあと思ったら、トム・クルーズの「アウトロー」の悪役

で出てた人でした。

ところで、今回新たなターミネーターT-3000型や液体金属

のT-1000型のように、変身するタイプよりも、私はやっぱり

機械式?のモデルの方が好きですね。

05

流体とかナノとか分子とかより、機械の方がわかりやすいです(笑)。

さて、来月は「ミッションインポッシブル」が楽しみです。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

怒りのデス・ロード

MAD MAX FURY ROAD 日本タイトルは、「マッドマックス

怒りのデス・ロード」を観てきました。

P1110959

初代マッドマックスが公開されたのは、1979年末。

その頃は大学生だった私ですが、今回スクリーンの前に

訪れているお客さん達を見回すと、やはり私と同年代と

おぼしき男性の方々が大半を占めてました。

やっぱり若い年代の方はほとんど見受けられません。

私と同年代らしき方々の中には、ご夫婦でいらっしゃって

いる方もみえましたが、私は一人で。

R-15ってこともあり、暴力的、猟奇的、過激なシーン

が予想されたので、かみさんを誘うのはやめました。

どちらかが50歳以上の夫婦であれば、一人1100円に

になるのですが、今回はポイントが貯まっていたので、

それを使って、無料で観られましたし。

映画内容はここでは差し控えます。

しかし、ノンストップ・アクションで座席のショルダー部分

に頭をもたげてはいられませんでした。

知らず知らずのうちに硬直して首が前に(笑)。

いやあ、さすがジョージ・ミラー監督でした。

来月は、ターミネーター・ジェネシスが公開になりますね。

楽しみです!

そうそう上映終了後に、スクリーンの前まで行ってみました。

やはり、白いスクリーンには無数の小さな穴があいていました。

スクリーンの背後に、スピーカーがある証しですね。

にほんブログ村 車ブログ BMW(車)へ
にほんブログ村 ←応援クリックお願いしますsmile

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いしますhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)